グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




阿部 祐子

職名助教
専攻・専門分野作業療法専攻・作業療法治療学
主な担当科目作業療法治療学10(小児)
客観的臨床能力演習
所属学会日本作業療法士協会、愛知県作業療法士会
日本ニューロリハビリテーション学会


メッセージ

少子高齢化社会の日本では、リハビリテーションの受容は増えています。毎年、沢山の療法士が育成されていますが、本学は「質の高い療法士の育成」を目標に学生教育を行っております。その中で、私は「客観的臨床能力試験」に携わり、より実践に即した教育が出来るように、日々精進しています。
 また、最近では、地域における作業療法士の役割を勉強中です。地域と密着した作業療法が展開できるように、頑張ります。

略歴

1999年藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 医療専門課程作業療法科 卒業
1999年藤田保健衛生大学病院リハビリテーション科(現 リハビリテーション部)勤務
2004年藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 専任教員
2006年放送大学教養学部 発達と教育専攻 卒業
2007年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 助手(作業療法専攻)
2012年放送大学大学院文化科学研究科 文化科学専攻 修士課程 卒業

研究・業績

rResearchmap

著書

  • 阿部祐子,感覚検査.評価シート集 才藤栄一監修、金田嘉清、冨田昌夫、澤俊二、岡西哲夫、編.PT・OTのためのOSCE 臨床力が身につく実践テキスト.東京:金原出版株式会社;2011.