グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




太田 皓文

職名助手
専攻・専門分野作業療法専攻・作業療法治療学
主な担当科目検査・測定論実習2,スプリント製作実習
所属学会日本作業療法士協会,愛知県作業療法士会


メッセージ

私は本学を卒業後、藤田保健衛生大学七栗記念病院、藤田保健衛生大学病院で働いてきました。就職後にも大学の先生方がたびたび指導に来てくださり、在学中に学んだ知識や技術を現場で継続的に発揮し、深めていくことができました。
作業療法は、対象者の日常生活や社会生活への復帰を目標に行います。しかし、生活は一人一人異なるので、それぞれに合わせたリハビリテーションを考える事が必要になります。作業療法では、日常の動作面だけでなく、仕事や趣味、住宅環境など幅広い分野が対象であり、またそれらの課題に取り組むことが治療そのものでもあります。対象者それぞれの場所や場面で苦労や喜びをともにし、生活のサポートができるのがとても魅力的です。場所や場面が異なると、作業療法士として新しい気づきや発見をすることがあるのも、また魅力的です。
近年の少子高齢化に伴い、高齢者が自分らしい生活を長く続けられるようにリハビリテーションの必要性が注目され、作業療法士の活躍の場が広がっています。作業療法にはまだまだ魅力的な発見がたくさんあると思っています。是非、本学で一緒に学びましょう。

略歴

2011年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 卒業
2011年藤田保健衛生大学七栗サナトリウム(現 藤田保健衛生大学七栗記念病院)リハビリテーション部 入職
2014年藤田保健衛生大学病院 リハビリテーション部 配置換え
2017年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 助手

研究・業績

rResearchmap