グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




稲本 陽子

職名准教授
専攻・専門分野リハビリテーション医学、言語病理学
主な担当科目言語機能学、言語療法学、言語病理学、医学英語
所属学会日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
言語聴覚士学会


メッセージ

機会を逃すな!人生はすべて機会である.一番先を行く者は,やる気があり,思い切って実行する者である.「安全第一」では,あまり遠くへボートを漕ぎ出せない(デール・カーネギー)
常に好奇心・探求心をもって努力・挑戦していきましょう。

略歴

1999年南山大学外国語学部英米科 卒業
2001年日本聴能言語福祉学院聴能言語学科 卒業
2001年~2006年刈谷豊田総合病院リハビリテーション科 勤務
2006年~2007年米国Johns Hopkins University, Department of Physical
Medicine and Rehabilitation留学
2008年~2010年藤田保健衛生大学大学院保健学研究科 修了
2010年~現在藤田保健衛生大学病院リハビリテーション部 勤務
2011年~2015年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 講師
2014年藤田保健衛生大学大学院医学研究科修了(医学博士)
2015年~現在藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 准教授

研究・業績

rResearchmap

研究テーマ

嚥下の運動学的解析

論文

  1. Inamoto Y, Saitoh E, Okada S, Kagaya H, Shibata S et al.
    The effect of bolus viscosity on laryngeal closure in swallowing: Kinematic analysis using 320-row area detector CT. Dysphagia 2012; Epub ahead of print

  2. Inamoto Y, Kagaya H, Saitoh E, Kanamori D, Shibata S et al.
    Inter-rater and intra-subject reliability for the evaluation of swallowing kinematics using 320-row area detector computed tomography. Jpn J Compr Rehabil Sci 2012;3:59-66(査読有)

  3. 稲本陽子
    4次元で捉える嚥下イメージング 320列ADCTがもたらす嚥下評価の革新.インナービジョン 2013; 28: 88-89
    http://www.innervision.co.jp/ad/suite/toshiba/seminarreport/1301

  4. 才藤栄一,稲本陽子,柴田斉子
    嚥下CTの登場:嚥下研究の新しい地平線.リハ医学 2012; 49: 879-884

  5. 稲本陽子,加賀谷斉,柴田斉子
    320列面検出器型CTによる嚥下の形態・動態評価.医学のあゆみ 2011;239:502-509

  6. 稲本陽子,才藤栄一
    CTを用いた嚥下動態の評価と臨床応用.MB Med Reha 2011;136:13-20

  7. Inamoto Y, Fujii N, Saitoh E, Kanamori D, et al.
    Evaluation of Swallowing Using 320-detector-row Multislice CT. Part II: Kinematic Analysis of Laryngeal Closure during Swallowing. Dysphagia 2011; 26: 209-217