グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




加賀 順子

職名講師
専攻・専門分野理学療法専攻・基礎理学療法学
主な担当科目日常生活活動学、地域リハビリテーション学
所属学会日本理学療法士協会、日本社会福祉士会
日本訪問リハビリテーション協会
日本義肢装具学会


メッセージ

理学療法士は、医療においては急性期から慢性期、医療以外の分野ではスポーツや保健など身体運動や活動に広く関わる仕事です。特に病気や障がいを持った人(赤ちゃんからお年寄りまで)においては、体の動きを改善することで、心のサポートも担っていくことがあります。患者さまの笑顔に接すると「理学療法士になって良かった」と実感できます。とてもやりがいのある仕事ですよ。ぜひ、我々の仲間になりませんか。

略歴

1983年国立療養所東名古屋病院附属リハビリテーション学院 卒業
1983年社団法人名古屋掖済会病院 勤務
1992年藤田保健衛生大学坂文種報德會病院 勤務
1994年佛教大学社会学部社会福祉学科 卒業
1999年藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 勤務
2006年藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科 配置任用換え
2012年武蔵野大学人間関係学部人間関係学科心理学専攻 卒業
2015年日本福祉大学大学院 医療・福祉マネジメント研究科 医療福祉マネジメント専攻 修士課程修了

研究・業績

rResearchmap