グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > リハビリテーション学科  > 武田 湖太郎

武田 湖太郎

職名准教授
専攻・専門分野神経科学,リハビリテーション工学
主な担当科目リハビリテーション工学,医用情報処理学
所属学会理事:脳機能とリハビリテーション研究会 編集副部長
委員:日本生体医工学会 専門別研究会 fNIRS研究会
会員:北米神経科学会,日本神経科学学会,日本生理学会,日本ニューロリハビリテーション学会


メッセージ

リハビリテーションをはじめ医療の現場には様々な機器やロボットが導入され,その数・種類は年々増えています.医療従事者としてそれらを安全かつ有効に利用するためには,各装置の特性をよく理解する必要があります.リハビリテーション工学はこのような機器を開発するだけではなく,臨床場面での疑問点・問題点を解決するための機器・手法を開発する学問です.様々なリハビリテーション関連装置や問題解決手段について,どのような理解が必要かという視点で講義したいと思います.

略歴

2000年慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 卒業
2002年慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 修士課程 修了
2002年国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所 流動研究員
2005年慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 博士課程 所定単位取得退学
2005年科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業CREST 研究員
2007年国際医療福祉大学博士取得(保健医療学)
2009年(株)国際電気通信基礎技術研究所 脳情報研究所 専任研究員
2011年国立病院機構 村山医療センター 臨床研究センター 研究室長
2014年藤田保健衛生大学 藤田記念七栗研究所 准教授
2017年藤田保健衛生大学 医療科学部 准教授

研究・業績

rResearchmap