グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




金田 嘉清

職名学校法人藤田学園 理事
藤田保健衛生大学 副学長
藤田保健衛生大学医療科学部 学部長
藤田保健衛生大学地域包括ケア中核センター センター長
教授
専攻・専門分野理学療法専攻・基礎理学療法学
主な担当科目理学療法教育、管理学特論
所属学会日本理学療法士協会 会員
日本リハビリテーション医学会 会員
全国リハビリテーション学校協会 理事


メッセージ

 当学園は「独創一理」の建学理念の元、学園内に複数の医療専門職養成施設と病院を配し、チーム医療の有機的な学びの場となっています。
 そのなか、リハビリテーション学科は平成16年の開設以来、COSPIRE (Clinical-Oriented System for Progression and Innovation of Rehabilitation Education) プロジェクトにより、学生は臨床の場においても病院職員に加え、教員からも臨地実習指導を受けることができます。経験豊富な学部の指導陣よる講義演習、1年から4年まで全ての学年で臨地実習が行なわれ、学年ごとのステップを踏まえたプログラムがあり、卒業時には臨床能力を備えた療法士の養成される体制となっております。
 本学科で、共に学び、社会に貢献できる療法士を目指しましょう。

略歴

1984年国立療養所東名古屋病院附属リハビリテーション学院理学療法科 卒業
1984年名古屋保健衛生大学病院(現 藤田保健衛生大学病院)理学診療科 就職
1989年愛知県立大学外国語学部英米学科 卒業
1991年~1992年藤田保健衛生大学病院理学療法科 主任
1992年~1995年藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 専任教員
1997年~2001年藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 教務主任
2001年~2004年藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 副校長
2004年4月~現在藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科 教授
2004年~2011年藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科 学科長
2011年5月~現在藤田保健衛生大学医療科学部 学部長
2011年6月~現在学校法人藤田学園 理事
2013年2月~現在藤田保健衛生大学地域包括ケア中核センター センター長
2014年4月~現在藤田保健衛生大学 副学長

学位・免許等

  • 理学療法士免許取得試験合格(12733号,84年5月)
  • 医学博士(藤田保健衛生大学保健衛生大学351号,02年3月

その他の教育活動

1987年~1998年岡崎市 非常勤講師
1997年~現在日本福祉大学社会福祉学部 非常勤講師
1998年~現在藤田保健衛生大学衛生学部看護学科 非常勤講師
1998年~2001年藤田保健衛生大学短期大学医療情報専攻 非常勤講師
1999年~現在財団法人介護労働安定センター愛知県支部介護労働者職業講習
訪問介護員養成研修2級課程 非常勤講師
2007年4月~現在放送大学大学院 客員講師
2007年4月~現在名城大学薬学部 非常勤講師
2007年4月~現在愛知県立看護大学 非常勤講師
2008年4月~現在豊田看護大学 非常勤講師

社会活動

1993年~1994年愛知県理学療法士会理事・愛知県理学療法士会 渉外部長
2001年~現在日本理学療法士協会 教育部担当
2001年~2007年愛知県理学療法士会 理事
2008年~2012年全国理学療法士・作業療法士学校連絡協議会 事務局長
2012年~現在全国リハビリテーション学校協会 副会長(理事)
2012年~現在厚生労働省:医道審議会理学療法士作業療法士分科会委員

研究・業績

rResearchmap

著書

  • 金田嘉清,他編:PT・OTのためのOSCE臨床技能とOSCE コミュニケーションと介助・検査測定論編.金原出版,東京,2015.
  • 金田嘉清,他編:PT・OTのためのOSCE臨床力が身につく実践テキスト.金原出版,東京,2011.
  • 金田嘉清,岡西哲夫,櫻井宏明,河野光伸:介護保険で役立つセラピストとは-介護保険の新しい展開-.理学療法のとらえかた4(奈良 勲,他編).文光堂,東京,2007.
  • 才藤栄一,金田嘉清,寺西利生,水野元実:巧緻性・協調性訓練.リハビリテーションMOOK 運動療法・物理療法・作業療法(大橋正洋,他編).金原出版,東京,2002.
  • 岡西哲夫,金田嘉清,櫻井宏明,加賀順子:高齢者の障害と理学療法 骨関節障害.理学療法MOOK10 高齢者の理学療法(森本 榮,他編).三輪出版,東京,2002.
  • 岡西哲夫,金田嘉清,岡田 誠,寺尾研二:下肢関節疾患患者の筋力増強運動の考え方.理学療法MOOK8 下肢関節疾患の理学療法(岡西哲夫,他編).三輪出版,東京,2001.
  • 金田嘉清:病弱児の療育現場から.ケアリングのかたち-こころ・からだ・いのち(石川道夫,他編).中央法規出版,東京,1996.

論文

  1. Yoshikiyo Kanada, Hiroaki Sakurai, Yoshito Sugiura: Difficulty levels of OSCE items related to examination and measurement skills. Journal of Physical Therapy Science. 2015; 27, in press
  2. Hiroaki Sakurai, Yoshikiyo Kanada, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Yosuke Wada, Masayuki Yamada, Masao Tomita, Toshio Teranishi, Shigeo Tanabe, Toru Tsujimura, Syunji Sawa, Tetsuo Okanishi : Effects of clinical practice focusing on level-3 OSCE items. Journal of Physical Therapy Science. 2015; 27, in press
  3. Kei Ohtsuka,Eiichi Saitoh,Hitoshi Kagaya,Norihide Itoh,Shigeo Tanabe,Fumihiro Matsuda,Hiroki Tanikawa,Junya Yamada,Takemitsu Aoki,Yoshikiyo Kanada:Application of Lissajous overview picture in treadmill gait analysis.Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science 6,2015:33-42
  4. Sakurai H, Kanada Y,Sugiura Y, Motoya I, Wada Y,Yamada M,Tomita M,Tanabe S,Teranishi T,Tsujimura T,Sawa S, Okanishi T:OSCE-based Clinical Skill Education for Physical and Occupational Therapists.Journal of Physical Therapy Science 26(9), 2014 Sep: 1387-97
  5. Koyama S,Tanabe S,Warashina H,Kaneko T,Sakurai H,Kanada Y,Nagata J,Kanno T:NMES with rTMS for moderate to severe dysfunction after stroke. NeuroRehabilitation 35(3),2014:363-8
  6. Kanada Y,Sakurai H,Sugiura Y:Effects of Intervention with To-balanace Execise on the Elderly Requiring Assistance and Lower Levels of Care.Journal of Physical Therapy Science 26(8), 2014 Aug: 1177-83
  7. Sakurai H, Kanada Y,Sugiura Y, Motoya I, Wada Y,Yamada M,Tomita M,Tanabe S,Teranishi T,Tsujimura T,Sawa S, Okanishi T:Reliability of the OSCE for Physical and Occupational Therapists.Journal of Physical Therapy Science 26(8), 2014 Aug: 1147-52
  8. Koyama S,Tanabe S,Ishikawa T,Itoh S,Kubota S,Sakurai H,Kanada Y:Time-dependent effects of neuromuscular electrical stimulation on changes in spinal excitability are dependent on stimulation frequency:a preliminary study in healthy adults.Somatosens Mot Res 31(4),2014 Dec:221-6
  9. Sakurai H, Kanada Y,Sugiura Y, Motoya I,Yamada M,Tomita M,Naka T,Teranishi T,Tanabe S,Tsujimura T, Okanishi T:Standardization of Clinical Skill Evaluation inPhysical/Occupational Therapist Education -Effects of Introduction of an Education System Using OSCE-.Journal of Physical Therapy Science 25(9), 2013 Sep: 1071-7
  10. Hiroaki Sakurai, Yoshikiyo Kanada, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Masayuki Yamada, Masao Tomita, Toru Naka, Toshio Teranishi, Shigeo Tanabe, Tetsuo Okanishi: Standardization of clinical competency evaluation in the education of physical therapists and occupatioal therapists: establishment of an OSCE compliant education system. Journal of Physical Therapy Science. 2013; 25(1):101-107
  11. Kubota S,Tanabe S,Sugawara K,Muraoka Y,Itoh N,Kanada Y:Stimulus point distribution in deep or superficial peroneal nerve for treatment of ankle spasticity. Neuromodulation 16(3),2013 May-Jun:251-5
  12. Koyama S,Tanabe S,Takeda K,Warashina H,Sakurai H,Kanada Y,Okumura R,Shinoda J,Nagata J,Kanno T:The effects of high-frequency transcranial magnetic stimulation combined with transcutaneous electrical stimulation in a severe stroke patient.Clin Pract 2(4),2012 Dec 18:e89
  13. Yoshikiyo Kanada, Hiroaki Sakurai, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Masao Tomita, Syunji Sawa, Toshio Teranishi, Tetsuo Okanishi:Standardizing the assessment of the clinical abilities of physical therapists and occupational therapists using OSCE. Journal of Physical Therapy Science, 2012, 24: 985-989
  14. Tsuzuki A,Kagaya H,Takahashi H,Watanabe T,Shioya T,Sakakibara H,Kanada Y,Saitoh E:Dysphagia causes exacerbations in individuals with chronic obstructive pulmonary disease.J Am Geriatr Soc 60(8),2012 Aug:1580-2
  15. Sonoda S,Saitoh E,Nagai S,Kawakita M,Kanada Y:Full-time integrated treatment program,a new system for stroke rehabilitation in Japan:comparison with conventional rehabilitation.Am J Phys Med Rehabil 83(2),2004 Feb:88-93
  16. Sakurai H, Sugiura Y, Motoya I, Tetsuro K, Okanishi T, Kanada Y: The Validity of FIM as a Predictor of Functional Independence of Stroke Patients: A Comparison between the Early and Late Elderly. Journal of Physical Therapy Science 24(4), 2012: 321-329
  17. Sakurai H, Sugiura Y, Sugiura T, Iwata K, Matsumoto T, Kawamura T, Okanishi T, Kanada Y: Determinants of Return to Home After Stroke: An Analysis Based on Familys’ Views. Journal of Physical Therapy Science 23(4), 2011: 673-677
  18. Sakurai H, Tsujimura T, Sugiura Y, Kimura Y, Kawamura T, Okanishi T, Kanada Y: Determinants of Returning Home After Stroke:An Analysis Based on FIM Scores. Journal of Physical Therapy Science 23(2), 2011: 283-287
  19. Ohta K, Murata K, Takahashi T, Minatani S, Sako S, Kanada Y: Evaluation of swallowing function by two screening tests in primary COPD. European Respiratory Journal 34, 2009: 280
  20. Kanada Y, Sakurai H, Kaga J: The analysis of clinical practice evaluation - the correlation between grades and the content of free comment. The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 4(4), 2002: 201-208
  21. 杉浦令人,畠中泰彦,荒井友章,櫻井宏明,金田嘉清:膝関節伸展の等張性運動における力—速度の関係 —最小負荷と最大負荷の選定における予備的研究— 理学療法科学30(2),2015: 225-228
  22. 杉浦令人,畠中泰彦,荒井友章,櫻井宏明,金田嘉清:力—速度の関係を用いた膝伸展等尺性 最大トルクの推定 —関節トルクと角速度の選択における予備的研究— 理学療法科学30(2),2015: 233-238
  23. 荒井友章,杉浦令人,櫻井宏明,金田嘉清:要支援・軽度要介護高齢者を対象とした主観的運動強度による運動負荷強度設定方法の考案 理学療法科学30(2),2015: 187-192
  24. 伊藤直樹,加賀谷斉,才藤栄一,山田将之,及部珠紀,大塚 圭,都築晃,金田嘉清:臨床・教育・研究を統合させた療法士育成プロジェクト「COSPIRE(コスパイア)」の開発 アンケートを用いた現状把握と効果の検討.臨床理学療法研究27,2010:55-59
  25. 田上裕記,太田清人,南谷さつき,杉浦弘通,鈴木 剛,東嶋美佐子,酒向俊治,金田嘉清:在宅高齢者における嚥下障害と生活時間構造の関連性.日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌14(1),2010:3-10
  26. 永井将太,奥山夕子,園田茂,新田 收,登立奈美,坂本利恵,寺西利生,金田嘉清:回復期脳卒中片麻痺患者における入院時重症度別のFIM運動細項目の経過解析.理学療法科学25(1),2010:1-6
  27. 杉浦令人,櫻井宏明,和田 弘,坂倉照妤,金田嘉清:要支援・軽度要介護高齢者に対する集団リズム運動が心身機能にもたらす効果.理学療法科学25(2),2010:257-264
  28. 鈴木 剛,太田清人,田上裕記,南谷さつき,村田公一,金田嘉清:感冒予防に対するゼリー嚥下の効果.日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌19(3),2009:265-269
  29. 櫻井宏明、才藤栄一、渡辺章由、水野元実、岡西哲夫、深谷直美、伊藤真美、加賀順子、大塚 圭、宮坂裕之、加藤正樹、加藤哲之、金田嘉清:脳卒中急性期患者におけるFIM項目の分析.藤田学園医学会誌, 30, 89-94, 2006.
  30. 櫻井宏明,園田 茂,才藤栄一,岡田 誠,岡西哲夫,金田嘉清:横歩きの筋電図学的解析 平地とトレッドミル横歩きについて.総合リハビリテーション33(1),2005:59-63
  31. 金田嘉清,櫻井宏明,加賀順子,岡西哲夫:理学療法士養成教育における臨床実習評価分析-中間時点での学生評価について-.藤田学園医学会誌26(2),2003:53-55
  32. 永井将太,園田 茂,才藤栄一,金田嘉清:脳卒中リハビリテーションの新しいシステムThe Full-time Integrated Treatment programの開発と検証.藤田学園医学会誌27(1),2003:31-36
  33. 櫻井宏明,園田 茂,渡辺章由,金田嘉清:FIM質問紙を用いたデイケア通所中と在宅時のADL比較.総合リハビリテーション31,2003:677−678
  34. 櫻井宏明、園田 茂、岡田 誠、大塚 圭、寺西利生:トレッドミル歩行分析 - 歩行速度による運動力学的因子の差異. 臨床神経生理学, 30, 315-319, 2002.
  35. 寺西利生,才藤栄一,大塚 圭,金田嘉清:片麻痺の臨床におけるトレッドミルの活用.総合リハビリテーション30(11),2002:1161-1167
  36. 岡田 誠,才藤栄一,大塚 圭,金田嘉清:トレッドミル歩行と平地歩行における床反力の比較.理学療法学29(6),2002:209-217
  37. 永井将太,園田 茂,才藤栄一,金田嘉清:The Full-time Integrated Treatment(FIT)programの効果.総合リハビリテーション31(2),2002:175-183
  38. 金田嘉清,加賀順子,櫻井宏明,岡西哲夫:理学療法士養成教育における臨床実習の現状と課題.藤田学園医学会誌25,2001:95-98
  39. 金田嘉清,加賀順子,櫻井宏明,岡西哲夫:理学療法士養成教育における臨床実習評価分析.藤田学園医学会誌25,2001:85-88
  40. 寺西利生,才藤栄一,大塚 圭,金田嘉清:トレッドミルを用いた片麻痺歩行評価と訓練.クリニカルリハビリテーション110(11),2001:1010-1014
  41. 大塚 圭,才藤栄一,岡田 誠,金田嘉清:平地歩行とトレッドミル歩行における時間因子の比較.総合リハビリテーション29(6),2001:549-556
  42. 金田嘉清,岡西哲夫,岡田 誠,櫻井宏明:当校における定期試験の結果と臨床実習評価の結果との関係.藤田学園医学会誌23(2),2000:25-29
  43. 金田嘉清,梶原敏夫,加藤由美:高度後弓反張位を有する小児に対する多目的座位保持椅子の試作.日本義肢装具学会誌3,1987:35-40