グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




櫻井 宏明

職名学科長、領域長、教授
専攻・専門分野理学療法専攻・理学療法評価学
主な担当科目検査・測定論
所属学会藤田学園医学会、日本理学療法士学会
日本医学教育学会、日本老年医学会
理学療法科学学会、日本保健科学学会
私立医科大学理学療法学会


メッセージ

藤田保健衛生大学のリハビリテーション部門は、日本でトップの臨床、研究、学習、運営ができるところです。患者様を治せる理学療法士・作業療法士になるために大学の学習だけでなく卒業後も学習できる環境が整っています。

略歴

1989年5月〜1993年3月東海記念病院リハビリテーションセンター理学療法科 理学療法士
1993年4月〜1996年3月東海記念病院リハビリテーションセンター理学療法科 主任
1996年4月〜1998年3月藤田保健衛生大学七栗サナトリウム 理学療法士
1998年4月〜2004年3月藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 専任教員
2004年4月〜2007年3月藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 教務主任
2007年4月〜2013年3月藤田保健衛生大学衛生学部(現 医療科学部)
リハビリテーション学科 准教授、学科長補佐
2008年4月~2013年3月藤田保健衛生大学大学院保健学研究科 准教授
2013年4月~2015年3月藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 教授 学科長補佐
藤田保健衛生大学大学院保健学研究科 教授
2015年4月~藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 教授 学科長
藤田保健衛生大学大学院保健学研究科 教授、リハビリテーション学領域長

免許、学位

1989年6月理学療法士免許 第17471号
2003年3月修士(保健衛生学) 鈴鹿医療科学大学 第76号
2008年10月専門理学療法士(神経系) 登録番号2-57
2012年3月博士(保健衛生学) 鈴鹿医療科学大学 第18号

研究・業績

rResearchmap

著書

  1. 才藤栄一 監修)、金田嘉清、冨田昌夫、澤 俊二、他、編)、櫻井宏明:PT・OTのためのOSCE−臨床力が身につく実践テキスト. 金原出版株式会社. 東京. 2015.4. pp169-197
  2. 才藤栄一 監修)、金田嘉清、冨田昌夫、澤 俊二、岡西哲夫、編)、櫻井宏明:PT・OTのためのOSCE−臨床力が身につく実践テキスト. 金原出版株式会社. 東京. 2011.1. pp19-21
  3. 岡西哲夫、岡田 誠、板場英行、編)、櫻井宏明:骨・関節系理学療法クイックレファレンス.東京. 文光堂. 2010.4. p 125-132
  4. 奈良 勲、内山靖、編)、岡西哲夫、櫻井宏明:図解 理学療法検査・測定ガイド第2版. 東京. 文光堂. 2009.11. p 233-254
  5. 金田嘉清、岡西哲夫、櫻井宏明、河野光伸:理学療法のとらえかた4. 文光堂. 2007.4. p 61-77
  6. 岡西哲夫、金田嘉清、櫻井宏明、加賀順子:理学療法MOOK10. 高齢者の理学療法. 三輪書店, 東京, 2002

論文

  1. Hiroaki Sakurai, Yoshikiyo Kanada, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Yosuke Wada, Masayuki Yamada, Masao Tomita, Toshio Teranishi, Shigeo Tanabe, Toru Tsujimura, Syunji Sawa, Tetsuo Okanishi : Effects of clinical practice focusing on level-3 OSCE items. Journal of Physical Therapy Science. 2015; 27, in press
  2. Yoshikiyo Kanada, Hiroaki Sakurai, Yoshito Sugiura: Difficulty levels of OSCE items related to examination and measurement skills. Journal of Physical Therapy Science. 2015; 27, in press
  3. Hiroaki Sakurai, Yoshikiyo Kanada, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Yosuke Wada, Masayuki Yamada, Masao Tomita, Toshio Teranishi, Shigeo Tanabe, Toru Tsujimura, Syunji Sawa, Tetsuo Okanishi:OSCE-based Clinical Skill Education for Physical and Occupational Therapists . Journal of Physical Therapy Science. 2014; 26, 1387–1397
  4. Koyama S, Tanabe S, Warashina H, Kaneko T, Sakurai H, Kanada Y, Nagata J, Kanno T: NMES with rTMS for moderate to severe dysfunction after stroke. NeuroRehabilitation. 2014;35(3):363-8
  5. Kanada Y, Sakurai H, Sugiura Y: Effects of Intervention with To-balance Exercise on the Elderly Requiring Assistance and Lower Levels of Care. J Phys Ther Sci. 2014 Aug;26(8):1177-832)
  6. Hiroaki Sakurai, Yoshikiyo Kanada, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Yosuke Wada, Masayuki Yamada, Masao Tomita, Toshio Teranishi, Shigeo Tanabe, Toru Tsujimura, Syunji Sawa, Tetsuo Okanishi:Reliability of the OSCE for Physical and Occupational Therapists. Journal of Physical Therapy Science. 2014; 26, 1147–1152
  7. Hiroaki Sakurai, Yoshikiyo Kanada, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Masayuki Yamada, Masao Tomita, Toru Naka, Toshio Teranishi, Shigeo Tanabe, Toru Tsujimura, Tetsuo Okanishi:Standardization of Clinical Skill Evaluation in Physical/Occupational Therapist Education: Effects of Introduction of an Education System Using OSCE. Journal of Physical Therapy Science. 2013; 25, 1071-1077
  8. Hiroaki Sakurai, Yoshikiyo Kanada, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Masayuki Yamada, Masao Tomita, Toru Naka, Toshio Teranishi, Shigeo Tanabe, Tetsuo Okanishi: Standardization of clinical competency evaluation in the education of physical therapists and occupatioal therapists: establishment of an OSCE compliant education system. Journal of Physical Therapy Science. 2013; 25(1):101-107
  9. Toshio Teranishi, Izumi Kondo, Genichi Tanino, Hiroyuki Miyasaka, Hiroaki Sakurai, Junko Kaga, Yukari Suzuki, Ayako Matsushima, Minako Kawakita, Shigeru Sonoda:An analysis of falls occurring in a convalescence rehabilitation ward: a decision tree classification of fall cases for the management of basic movements. Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science, 2013: 7-13
  10. Toshio Teranishi, Hiroaki Sakurai, Kei Ohtsuka, Masayuki Yamada, Akira Tsuzuki, Hiroyuki Miyasaka , Genichi Tanino , Orand Abbas, Izumi Kondo:Relationship between Feet Position and Anterior- posterior Center of Pressure (COP) location: What are the Determining Factors in the Adjustment of Center of Gravity? Journal of Physical Therapy Science, 2013, 25: 41-43
  11. Yoshikiyo Kanada, Hiroaki Sakurai, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Masao Tomita, Syunji Sawa, Toshio Teranishi, Tetsuo Okanishi:Standardizing the assessment of the clinical abilities of physical therapists and occupational therapists using OSCE. Journal of Physical Therapy Science, 2012, 24: 985-989
  12. Soichiro Koyama, Shigeo Tanabe,Kazuya Takeda, Hiroaki Warashina, Hiroaki Sakurai, Yoshikiyo Kanada, Ryuji Okumura, Jun Shinoda , Junji Nagata, Tetsuo Kanno:The effects of high-frequency transcranial magnetic stimulation combined with transcutaneous electrical stimulation in a severe stroke patient. Clinics and Practice 2012; 2:e89 : 231-234
  13. Hiroaki Sakurai, Yoshito Sugiura, Ikuo Motoya, Kawamura Tetsuro, Tetsuo Okanishi, Yoshikiyo Kanada:The Validity of FIM as a Predictor of Functional Inde-pendence of Stroke Patients: A Comparison between the Early and Late Elderly. Journal of Physical Therapy Science, 2012,24(4),321-329.
  14. Hiroaki Sakurai, Yoshito Sugiura, Toru Sugiura, Kenji Iwata, Takafumi Matsumoto, Tetsuro Kawamura, Tetsuo Okanishi, Yoshikiyo Kanada:Determinants of Return to Home After Stroke: An Analysis Based on Familys’ Views. Journal of Physical Ther-apy Science, 2011, 23(4), 673-677.
  15. Hiroaki Sakurai, Toru Tsujimura, Yoshito Sugiura, Yosuke Kimura, Tetsuro Kawamura, Tetsuo Okanishi, Yoshikiyo Kanada:Determinants of Returning Home After Stroke:An Analysis Based on FIM Scores. Journal of Physical Therapy Science, 2011, 23(2), 283-287
  16. Toshio Teranishi, Izumi Kondo, Shigeru Sonoda, Yosuke Wadaa, Hiroyuki Miyasaka, Genichi Tanino, Wataru Narita, Hiroaki Sakurai, Makoto Okada, Eiichi Saitoh:Validity study of the standing test for imbalance and disequilibrium (SIDE):Is the amount of body sway in adopted postures consistent with item order? Gait & Posture, 2011, 34: 295–299
  17. Toshio Teranishi, Izumi Kondo, Shigeru Sonoda, Hitoshi Kagaya, Yosuke Wada, Hiroyuki Miyasaka, Genichi Tanino, Wataru Narita, Hiroaki Sakurai, Makoto Okada, Eiichi Saitoh:A discriminative measure for static postural control ability to prevent in-hospital falls: Reliability and validity of the Standing Test for Imbalance and Disequilibrium (SIDE). Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science, 2010, 1: 11-16
  18. Yoshikiyo Kanada, Hiroaki Sakurai, Junko Kaga:The analysis of clinical practice evaluation : The correlation between grades and the content of free comment. The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences, 2002, 5, 201-208
  19. 青山 貴文,小山 総市朗,田辺 茂雄,河村 信利,櫻井 宏明,金田嘉清.経頭蓋直流電気刺激の刺激極性が足関節運動制御に与える影響.日本物理療法学会誌.2015
  20. 杉浦令人,畠中泰彦,荒井友章,櫻井宏明,金田嘉清:膝関節伸展の等張性運動における力—速度の関係 —最小負荷と最大負荷の選定における予備的研究— 理学療法科学30(2),2015: 225-228
  21. 杉浦令人,畠中泰彦,荒井友章,櫻井宏明,金田嘉清:力—速度の関係を用いた膝伸展等尺性 最大トルクの推定 —関節トルクと角速度の選択における予備的研究— 理学療法科学30(2),2015: 233-238
  22. 荒井友章,杉浦令人,櫻井宏明,金田嘉清:要支援・軽度要介護高齢者を対象とした主観的運動強度による運動負荷強度設定方法の考案 理学療法科学30(2),2015: 187-192
  23. 岩田研二、岡西哲夫、山崎年弘、倉田昌幸、河村樹里、渡邉佐知子、木村圭佑、坂本己津恵、松本隆史、櫻井宏明、金田嘉清:在宅脳卒中片麻痺者の排泄動作自立者における下衣操作能力の検討. 理学療法ジャーナル, 2012, 46, 1137-114
  24. 櫻井宏明、才藤栄一、渡辺章由、水野元実、岡西哲夫、深谷直美、伊藤真美、加賀順子、大塚 圭、宮坂裕之、加藤正樹、加藤哲之、金田嘉清:脳卒中急性期患者におけるFIM項目の分析.藤田学園医学会誌, 30, 89-94, 2006.
  25. 櫻井宏明, 園田 茂, 才藤栄一、岡田 誠、岡西哲夫、金田嘉清:横歩きの筋電図学的解析 -平地とトレッドミル横歩きについて- . 総合リハビリテーション, 33, 59-63, 2005
  26. 櫻井宏明、園田茂、渡辺章由、中島亜希子、今尾佳奈子、中島多枝子、河野光伸、金田嘉清、才藤栄一:FIM質問紙を用いたデイケア通所中と在宅時のADL比較, 31, 677-681, 2003.
  27. 櫻井宏明、園田 茂、岡田 誠、大塚 圭、寺西利生:トレッドミル歩行分析 - 歩行速度による運動力学的因子の差異. 臨床神経生理学, 30, 315-319, 2002.
  28. 櫻井宏明、永井将太、奥山夕子、金田嘉清、他:大腿周径計測の筋萎縮評価における意義. 藤田学園医学会会誌24(1):73-76. 2000
  29. 櫻井宏明、永井将太、長谷川昌士、金田嘉清、他:片麻痺患者の活動能力と等速性筋力との関係. 藤田学園医学会誌22(2):117-119. 1999
  30. 櫻井宏明、永井将太、奥山夕子、長谷川昌士、他:片麻痺患者の立ち上がり動作能力と等速性筋力との関係. 藤田学園医学会誌22(2) :25-27. 1999
  31. 櫻井宏明、永井将太、他:健常成人の跳躍力と各筋力測定値との関係. 藤田学園医学会誌22(1):153-155. 1998
  32. 櫻井宏明、永井将太、他:CTを用いた片麻痺患者の体幹及び下肢筋測定移動能力と筋萎縮度の関係I. 藤田学園医学会誌22(1):77-79. 1998

受賞歴

  • 1998年度 藤田リハビリテーション医学・運動学研究会賞
  • 第24回 理学療法ジャーナル奨励賞(共著者)

学会発表

  • 櫻井宏明:藤田で実践しているOSCEの概略. 平成23年度全国理学療法士・作業療法士学校連絡協議会研修会(講演); 愛知, 2012.3
  • 櫻井宏明:臨床実習における客観的臨床能力試験(OSCE)の重要性. クリニカルクラークシップ研究会第4回研修会シンポジウム(講演); 愛知, 2012.2
  • 櫻井宏明:OSCEにおける学生到達度評価. 第24回教員教育研究大会・教育研修会のシンポジウムII(講演); 浜松, 2011.8
  • 櫻井宏明:臨床力をつけるPTOT学生のためのOSCE(レベル2) 平成21年度全国理学療法士・作業療法士学校連絡協議会研修会(講演); 東京, 2010.3