グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




佐藤 真一

職名准教授
専攻・専門分野運動器疾患に対する作業療法
(上肢の外科術後のリハビリテーション)
主な担当科目作業療法治療学(整形,中枢)
所属学会日本作業療法士協会
日本リハビリテーション連携科学学会


メッセージ

作業療法は患者さんとセラピストで行う協業作業であると考えています.これから作業療法を目指す学生さんは,傾聴することを基礎としたコミュニケーション能力を身につける事や多くの“遊び”やアルバイトなどを通して社会経験を積んで下さい.無駄と思えるようなことでも作業療法治療の広がりに繋がることが多くあります.
私の講義の中では技術を伝達することを心がけています.評価することも治療することも作業療法における技術です.多くの見学を含む体験と自身の経験を積み重ねることで技術の向上を図れるよう計画しています.

略歴

1981年川崎リハビリテーション学院作業療法学科 卒業
1981年川崎リハビリテーション学院 助手
1984年信州大学医学部附属病院 作業療法士
1987年市立甲府病院 作業療法士
1994年信州大学医学部付属病院 作業療法士
1998年放送大学教養学部 卒業
1998年市立甲府病院 リハビリテーション室副技師長
2006年山梨学院大学大学院 社会科学研究科 修了
2009年健康科学大学 健康科学部作業療法学科 准教授
2016年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 准教授

資格・免許

  • 専門作業療法士 福祉用具 第7号(日本作業療法士協会)2012年
  • 認定作業療法士 第1171号(日本作業療法士協会)2008年
  • シューフィッター 第2703号(足と靴と健康協議会)1999年

研究・業績

rResearchmap