グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




都築 晃

職名講師
専攻・専門分野理学療法専攻・理学療法治療学
主な担当科目理学療法治療学8(呼吸)、9(循環内部障害)


所属学会

平成10年4月〜 日本理学療法士協会 会員 協会会員番号2318387号
平成10年4月〜 日本私立医科大学理学療法学会 会員
平成10年4月〜 藤田リハビリテ−ション医学・運動学研究会 会員
平成11年4月〜 日本義肢装具学会 会員
平成13年4月〜 日本理学療法士協会 神経系専門部会 会員
平成18年4月〜 日本理学療法士協会 内部疾患系、基礎系、管理教育系、専門部会 会員
平成18年4月〜 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 会員
平成19年7月〜 藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科卒後研修会 会員
平成20年9月〜 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 会員
平成22年3月〜 日本ニューロリハビリテーション学会 会員

メッセージ

ともに学びましょう。

略歴

1998年3月藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 医療専門課程 理学療法科 卒業
1998年4月〜藤田保健衛生大学病院リハビリテーション科 就職
2002年2月〜藤田保健衛生大学七栗サナトリウムリハビリテーション部に配置換え
2003年4月〜藤田保健衛生大学病院リハビリテーション部に配置換え
2004年4月〜藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校専任教員に任用換え・配置換え
2004年4月〜藤田保健衛生大学病院リハビリテーション部非常勤職員 兼務
2005月3月放送大学 教養学部 発達・教育学専攻 卒業 (教養学学士取得)
2007月4月〜藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科基礎理学療法学助教に任用換え・配置換え
2007月4月〜藤田保健衛生大学看護専門学校兼任講師 兼務
2008月4月〜藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科に名称変更
2010月4月〜藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科理学療法治療学助教に変更
2011月3月藤田保健衛生大学大学院 医学研究科博士課程外科系リハビリテーション医学専攻 課程満了
2012月3月藤田保健衛生大学大学院 博士(医学)取得
2012月10月藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科理学療法治療学講師に昇任
2013月2月〜藤田保健衛生大学地域包括ケア中核センター兼務
現在に至る

研究・業績

rResearchmap

研究業績

  • 平成24年4月〜
    「地域在住高齢者における嚥下障害疑い者の増悪発生とQOLについて」研究開始
  • 平成22年3月
    平成21年度科学研究費補助金(若手研究B)課題番号20700447
    「慢性閉塞性肺疾患におけるSOLQ日本語版の信頼性、妥当性の検証」研究終了
  • 平成21年4月〜
    「摂食・嚥下障害が慢性閉塞性肺疾患患者における急性増悪の一因」研究開始
  • 平成20年4月〜平成20年度科学研究費補助金(若手研究B)課題番号20700447
    「慢性閉塞性肺疾患におけるSOLQ日本語版の信頼性、妥当性の検証」研究開始
  • 平成19年4月〜藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科基礎理学療法学助教
     COPDのQOL評価について研究を開始
  • 平成16年4月〜平成19年3月藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校
     リハビリテーション養成校における学生成績に関する研究を開始
  • 平成10年4月〜平成16年3月藤田保健衛生大学病院リハビリテーション科
     脊髄損傷対麻痺者における装具を使用した歩行再建の研究を開始

論文

  1. Akira Tsuzuki,Yoshikiyo Kanada, Hitoshi Kagaya, Eiichi Saitoh, Hitomi Takahashi, Toru Watanabe, Takanobu Shioya, Hiroki Sakakibara. Dysphagia causes exacerbations in individuals with chronic obstructive pulmonary disease Journal of the american geriatrics society (査読あり) 2012; 60: 1580-2.
  2. Teranishi T, Sakurai H, K, Yamada M, Tsuzuki A, Miyasaka H, Tanino G, Abbas O, Kondo, I Ohtsuka . Relationship between feet position and anterior-posterior center of pressure (COP) location. - What are determining factors in the adjustment of center of gravity? Journal of Physical Therapy Science
    (査読あり)2012.in press.
  3. 都築 晃 慢性閉塞性肺疾患患者の健康関連quality of lifeに関する研究.藤田保健衛生大学大学院医学研究科学位論文集(査読あり) p107-128 2012
  4. 加賀谷 斉, 都築 晃. 高齢者リハビリテーション2.呼吸器疾患. BONE (査読あり) 2012;26: 39-42.
  5. 都築 晃、加賀谷斉、水谷公司、星野美香、伏屋有子、石川綾子、辻有佳子、蔵地真由、早川美和子、金田嘉清、才藤栄一 ダイアリーを用いて管理した慢性閉塞性肺疾患患者に対する維持期呼吸リハビリテーションの効果 藤田学園医学会誌35巻1号、(査読あり)2011 p.61-64
  6. 都築 晃、加賀谷斉, 塩谷隆信、高橋仁美 編著. 「訪問呼吸ケア・リハビリテーション入門」第3章— 摂食・嚥下機能の評価,東京:中外医学社(査読なし) 2011年 p.78-80
  7. 都築 晃、冨田昌夫. 才藤栄一監修 金田嘉清、冨田昌夫、澤俊二、岡西哲夫編集. 「PT・0TのためのOSCE -臨床力が身につく実践テキスト-」レベル3−2立ち上がり動作 東京:金原出版; (査読なし) 2011年p.142-161
  8. 都築 晃、加賀谷斉、水谷公司、星野美香、高橋仁美、菅原慶勇、渡邊 暢、本間光信、塩谷隆信、 金田嘉清、才藤栄一 慢性閉塞性肺疾患におけるSOLDQ日本語版の信頼性・妥当性の検証 
    第21回 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(査読あり)21巻 2011 p.125
  9. 都築 晃、加賀谷斉、高橋仁美、菅原慶勇、渡邊 暢、本間光信、塩谷隆信、齋藤雄二、榊原博樹、金田嘉清摂食・嚥下障害は慢性閉塞性肺疾患の急性増悪の一因である 第21回 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌、(査読あり)21巻 2011 p.131
  10. 都築 晃 「慢性閉塞性肺疾患における SOLQ 日本語版の信頼性、妥当性の検証」平成22年度科学研究費補助金研究成果報告書 2011 http://kaken.nii.ac.jp/pdf/2010/seika/mext/33916/20700447seika.pdf
  11. 岡西哲夫、近藤和泉、都築 晃、伊藤直樹、才藤栄一、高齢者の立ち上がり戦略 とその臨床応用 藤田学園医学会誌 (査読あり) 2010.12  p.103-7
  12. 都築 晃,加賀谷斉,理学療法士のためのコンディショニング入門, 摂食・嚥下機能とコンディショニング, (査読なし)中山書店,78-81,2010
  13. 伊藤直樹,加賀谷斉,都築 晃, 臨床・教育・研究を統合させた療法士育成プロジェクト「COSPIRE(コスパイア)」の開発:臨床理学療法研究, (査読あり),27, 2010 55-59
  14. 岡西哲夫、近藤和泉、都築 晃、伊藤直樹、才藤栄一 高齢障害者における椅子からの立ち上がり戦略の違いにおける運動学的考察 第42回日本理学療法学術大会雑誌 (査読あり) 2007.5 p.601
  15. 小野木啓子、才藤栄一、都築晃、加藤正樹、及部珠紀 対麻痺者の立位・歩行再建 自由度を増加させた内側単股継手付き長下肢装具の検討 日本脊髄障害医学会雑誌(査読あり) 16 巻 1 号、196-197、2003
  16. 都築 晃,寺西利生,才藤栄一, 脊髄損傷者の交互歩行装具:リハビリテーションMOOK7義肢装具とリハビリテーション, (査読あり),167-172,2003
  17. 小野木 啓子,才藤 栄一,都築 晃,伊藤直樹仮想軸付き内側単股継手の開発と臨床効果 藤田学園医学会誌 (査読あり) 巻:27 号:163-166 2003
  18. 伊藤直樹,園田 茂, 都築 晃,及部珠紀,外3名, 対麻痺患者の歩行用長下肢装具を経時的に変更した一例: 日本義肢装具学会誌, (査読あり) 17(3):197-200,2002
  19. 小野木 啓子,才藤 栄一,楠戸 正子,園田 茂,都築 晃,寺西 利夫,金田 嘉清 膝関節伸展補助装置を備えた長下肢装具作製の試み 日本パラプレジア医学会雑誌 = The journal of the Japan Medical Society of Paraplegia (査読あり)14(1), 180-181, 2001-04-01
  20. Onogi K, Saitoh E, Teranishi T, Tsuzuki A, The effect of a power-assisted modified medial single hip joint for paraplegic gait : Proceedings of 1st World Congress of the International Society of Phyisical and Rehabilitation Medicine, (査読なし),239-243 ,2001
  21. 都築 晃,才藤栄一,寺西利生,小野木啓子, Primewalkを用いた対麻痺歩行再建 当院における訓練方法: 日本パラプレジア医学会雑誌 , (査読あり),14,202-203,2001
  22. 都築 晃,寺西利生,小野木啓子,才藤栄一, 脊髄損傷高位別にみたPrimewalkの使用方法の検討:日本義肢装具学会誌17特別号, (査読あり),166-167,2001
  23. 小野木啓子,才藤栄一,鈴木美保,都築 晃,外5名, 対麻痺又は四肢麻痺児の装具による立位・歩行再建: 日本パラプレジア医学会雑誌, (査読あり), 13,174-175,2001
  24. 都築 晃, 寺西利生, 才藤栄一, 中井章子, 伊藤直樹, 及部珠紀, 加藤正樹, 岡西哲夫, 岡田誠, 小野木啓子, 対麻痺者用歩行装具の起立補助システム(査読あり)理学療法学 27, 99, 2000
  25. 小野木 啓子,才藤 栄一,寺西利生, 都築 晃, 今堀隆三郎 内側系システムによる対麻痺歩行再建 日本機械学会年次大会講演論文集 (査読あり)Vol.1 ページ:381-382 2000
  26. 伊藤直樹,才藤栄一,中井章子,都築 晃,外6名, 内側単股継手付き長下肢装具を用いた対麻痺歩行の訓練法の検討:日本義肢装具学会誌 , (査読あり),15,264-265,1999

免許・資格

  • 平成10年4月 日本理学療法士免許取得 登録5月8日 名簿登録番号29017号
  • 平成20年3月 日本理学療法士協会「認定理学療法士(呼吸)」取得
  • 平成20年12月 日本胸部外科・呼吸器学会・麻酔科学会合同認定「呼吸療法認定士」取得
  • 平成22年4月 日本理学療法士協会「専門理学療法士(呼吸)」取得

その他

【社会活動】
  • 平成14年4月〜 藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校同窓会 理事
  • 平成16年4月〜 藤田学園同窓会 理事
  • 平成18年6月〜 愛知県理学療法士会ブロック局名古屋南ブロック運営委員
  • 平成20年4月〜 一般社団法人愛知県理学療法士会ブロック局名古屋南ブロック長
  • 平成21年11月〜 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 学会評議員
  • 平成23年12月〜 東海呼吸ケア・リハビリテーション研究会幹事
  • 平成25年4月〜 一般社団法人愛知県理学療法士会ブロック局名古屋ブロック長