グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




谷川 広樹

職名助教
専攻・専門分野理学療法専攻・理学療法評価学
主な担当科目検査測定論、運動療法学
所属学会日本理学療法士協会、日本基礎理学療法学会、日本神経理学療法学会
日本臨床神経生理学会、日本ニューロリハビリテーション学会


メッセージ

理学療法士の仕事は、患者と一緒に体を動かして、患者に運動の方法を教えることです。
ヒトがどのように動いていて(評価)、どのように動いてもらえばよいか(治療)を学ぶことができる環境が本学には揃っています。
本学で楽しく、積極的に学んで下さい。

略歴

2005年東京都立保健科学大学(現・首都大学東京)保健科学部理学療法学科 卒業
2005年小平中央リハビリテーション病院 勤務
2007年藤田保健衛生大学病院 勤務
2012年放送大学大学院文科学研究科 卒業(修士)
2013年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 勤務
2016年藤田保健衛生大学大学院医学研究科 卒業(医学博士)

研究・業績

rResearchmap

研究テーマ

  • 三次元動作解析装置を用いた歩行分析
  • 痙縮の定量的評価
  • 観察による歩行分析の信頼性
  • リハビリテーションロボットの開発

論文

  1. Hiroki Tanikawa, Kei Ohtsuka, Masahiko Mukaino, Keisuke Inagaki Fumihiro Matsuda, Toshio Teranishi, Yoshikiyo Kanada, Hitoshi Kagaya, Eiichi Saitoh. Quantitative Assessment of Retropulsion of the Hip, Excessive Hip External Rotation, and Excessive Lateral Shift of the Trunk Over the Unaffected Side in Hemiplegia Using Three-dimensional Treadmill Gait Analysis. Top Stroke Rehabil. Mar 23:1-7, 2016.
  2. Hiroki Tanikawa, Masahiko Mukaino, Fumihiro Matsuda, Keisuke Inagaki, Kei Ohtsuka, Hitoshi Kagaya, Eiichi Saitoh. Influence of Contralateral Lower Limb Stabilization on Hip Abductor Muscle Strength Measured by Hand-Held Dynamometer. Jpn J Compr Rehabil Sci. 6: 137-142, 2015.
  3. Hiroki Tanikawa, Hitoshi Kagaya, Eiichi Saitoh, Kenichi Ozaki, Satoshi Hirano, Norihide Itoh, Junya Yamada, Yoshikiyo Kanada. Efficacy of Botulinum Toxin A Treatment for Pes Varus during Gait. J Stroke Cerebrovasc Dis. 24(10): 2416-2422, 2015.
  4. 谷川広樹,加賀谷斉.痙縮に対する臨床的評価-歩行を中心に-.Medical Rehabilitation. 180:39-44, 2015.
  5. 谷川広樹,大塚圭,才藤栄一,伊藤慎英,山田純也,村岡慶裕,冨田昌夫,橋本修二.視診による歩行分析における評価者間信頼性の検討.総合リハビリテーション38(12): 1175-1181,2010.

著書

  1. 才藤栄一,大塚圭編集.歩行分析と動作分析(共著).学会誌刊行センター.2015.
  2. 才藤栄一監修,金田嘉清,冨田昌夫,澤俊二,大塚圭,山田将之,杉山智久編集.PT・OTのための臨床技能とOSCE コミュニケーションと介助・検査測定編(共著).金原出版.2015.

学会発表

  1. Hiroki Tanikawa, Hitoshi Kagaya, Eiichi Saitoh, Kenichi Ozaki, Keisuke Inagaki, Yoshikiyo Kanada. The Changes in Pes Varus During Gait Following Botulinum Toxin A Injection. 9th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine. Berlin, Germany. 2015.
  2. Hiroki Tanikawa, Hitoshi Kagaya, Eiichi Saitoh, Kenichi Ozaki, Norihide Itoh, Junya Yamada, Ieyasu Watanabe, Takemitsu Aoki. The Efficacy of Botulinum Toxin A Injection for Pes Varus during Gait Using Three-dimensional Gait Analysis System. 7th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine. Beijing, China. 2013.
  3. Hiroki Tanikawa, Hitoshi Kagaya, Eiichi Saitoh, Kenichi Ozaki, Norihide Itoh, Junya Yamada, Masamitsu Hyohdoh, Sigeo Tanabe, Kei Ohtsuka, Takemitsu Aoki. Three-Dimensional gait analysis before and after the botulinum toxin A injection for pes equinovarus. 7th World Congress for NeuroRehabilitation. Melbourne, Australia. 2012.