グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




田辺 茂雄

職名准教授
専攻・専門分野理学療法専攻・理学療法治療学
主な担当科目リハビリテーション工学


メッセージ

リハビリテーション工学は,臨床での問題点・要望を基に,現場で役立つ実用的な機器・手法を開発する学問です.リハビリテーションセンターや大学病院での工学的支援の経験を踏まえて講義します.

略歴

2000年川崎医療福祉大学医療技術学部リハビリテーション学科 卒業
2002年川崎医療福祉大学大学院医療技術学研究科修士課程 修了(リハビリテーション学修士)
2004年慶應義塾大学理工学部生命情報学科 助手
2005年慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程 修了(工学博士)
2007年金城大学医療健康学部理学療法学科 講師
2008年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 講師(理学療法専攻)
2013年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 准教授(理学療法専攻)
2015年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 学科長補佐

研究・業績

rResearchmap

論文

  • Tanabe S, Saitoh E, Hirano S, Katoh M, Takemitsu T, Uno A, Shimizu Y, Muraoka Y, Suzuki T. Design of the Wearable Power-Assist Locomotor (WPAL) for paraplegic gait reconstruction. Disabil Rehabil Assist Technol; 2013 ;8 (1):84-91.
  • Tanabe S, Kubota S, Itoh N, Kimura T, Muraoka Y, Shimizu A, Kanada Y. Estimation of the kinetic-optimized stimulus intensity envelope for drop foot gait rehabilitation. J Med Eng Technol; 2012 ;36 (4):210-216.
  • 田辺茂雄, 大塚圭, 平野哲, 才藤栄一.【テクニカルエイド 生活の視点で役立つ選び方・使い方】 介護ロボット 自立支援ロボットと介護支援ロボット. 作業療法ジャーナル; 2012; 46 (7): 932-933.
  • 田辺茂雄, 加賀谷斉, 平野哲.【老年医学・高齢者医療の最先端】 リハビリテーションとロボット工学 リハビリテーション医学を支援するロボット開発. 医学のあゆみ; 2011; 239 (5): 510-516.
  • Tanabe S, Yamaguchi T, Watanabe T, Muraoka Y, Masakado Y. Effects of transcutaneous electrical stimulation combined with locomotion-like movement in the treatment of post-stroke gait disorder: a single-case study. Short report. Disabil Rehabil; 2008; 30 (5): 411-416.