グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




渡 哲郎

職名助手
専攻・専門分野理学療法専攻・基礎理学療法
主な担当科目日常生活活動学実習
所属学会日本理学療法士協会,愛知県理学療法士協会


メッセージ

近年、医療技術の進歩によって早期回復と在宅復帰や社会復帰の可能性が高まり、それを望む多くの方々からリハビリテーションはますます必要とされ、期待されています。
私はこれまで急性期・回復期の病院で勤務をしてきました。そこで、若年者から高齢者までリハビリテーションを必要とする多くの対象者(患者様)と関わり、理学療法士・作業療法士の果たす役割の重要性と責任の大きさをひしひしと感じてきました。そして、対象者を治療するためには、学ぶべきことがいまだにたくさんあることも、強く感じています。知識・技術はもちろんのこと、「良き医療人」として対象者に接する心がけや姿勢が大切なのです。本学はこれらすべてを身につけることができる恵まれた教育環境が整っています。是非本学で皆さんと一緒に学び、私自身も成長し続けたいと思っています。

略歴

2009年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 卒業
2009年医療法人社団カワムラヤスオメディカルソサエティ河村病院 理学療法士
2013年藤田保健衛生大学大学院 保健学研究科 保健学専攻 修士課程修了 修士(保健学)取得
2016年藤田保健衛生大学病院 リハビリテーション部 理学療法士
2017年藤田保健衛生大学 リハビリテーション学科 助手

研究・業績

rResearchmap