グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




渡辺 章由

職名講師
専攻・専門分野作業療法専攻・作業療法評価学
主な担当科目検査測定論1、表面解剖学
作業療法治療学(精神障害)
地域リハビリテーション学
所属学会
日本作業療法士協会、日本臨床神経生理学会
日本ニューロリハビリテーション学会


メッセージ

<受験生の皆さんへ>
 私は高校生のときにクラスの友人が「将来理学療法士を目指す」という話を聞いたことがきっかけで,理学療法と作業療法を知りました.当時,物を作ることがスキであった私はあまり深く考えずに「作業療法士の方が楽しそうだな,自分にあっていそうかな,人の手助けもできるんだ」と作業療法士の養成校に入学しました.それ以来,迷うことなく現在に至っています.きっかけは人それぞれだと思いますがとてもやりがいのある仕事ですよ.現在は作業療法士が活躍できるフィールドはとても幅広いため,きっと貴方の活躍できるフィールドがみつかると思います.働く場所の例をあげると大学病院,市民病院,総合病院,リハビリテーションセンター,リハビリテーション病院,介護老人保健施設,介護老人福祉施設,デイケアセンター,訪問リハビリ,大学院(進学)など様々です.さらに対象とする分野は身体障害や精神障害,発達障害,高齢者などがあります.藤田保健衛生大学で学び作業療法士を目指しましょう!

略歴

1994年国立療養所東名古屋病院付属リハビリテーション学院 卒業
1998年藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校 専任教員
2005年藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科 講師
2007年藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 講師
2012年藤田保健衛生大学大学院医学研究科博士課程(医学博士)

研究・業績

rResearchmap

著書

  1. 渡辺章由.PT・OTのためのOSCE.監修才藤栄一:東京;金原出版;2011.p66-71.
  2. 渡辺章由.介助誘導のワザとコツ-立ち上がり-.リハビリナース;1(1);2008.p28-33

論文

  1. 渡辺章由.三次元動作解析装置を用いた運動失調症の定量的評価法の開発.藤田保健衛生大学大学院学位論文集:2012;141-152.
  2. 渡辺章由,加賀谷斉,才藤栄一,伊藤慎英,松田文浩,他8名.運動失調症の指鼻試験における定量的評価指標の検討.藤田学園医学会誌:2010;34(1);121-123.

学会発表

  1. 渡辺章由,加賀谷斉,松田文浩,伊藤慎英,才藤栄一,他4名.運動失調患者に対する指鼻試験を用いた定量的評価法の妥当性.第2回ニューロリハビリテーション学術集会:名古屋.2011.
  2. 渡辺章由,加賀谷斉,松田文浩,伊藤慎英,才藤栄一,他3名.失調症の指鼻試験における定量的評価指標の検討.第39回日本臨床神経生理学会学術大会:神戸.2009.