グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > あ行  > 赤松 浩彦

赤松 浩彦

職名教授
専攻・専門分野再生医学、皮膚科学
主な担当科目
所属学会日本再生医療学会、日本皮膚科学会
日本研究皮膚科学会
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会
日本色素細胞学会、日本美容皮膚科学会
和漢医薬学会、日本抗加齢医学会など


メッセージ

私たちの身体は、約200種類の細胞が60兆個も集まって構成されています。これらの細胞一つ一つは、私たちが健康を維持できるよう、自分に与えられた役割を日々果たしています。近年の研究から、これらの細胞の起源がわかってきました。その細胞は「幹細胞」と呼ばれ、私たちの身体を再生する能力を秘めていると考えられています。つまり「幹細胞」は、病気や事故などでダメージを受けて、細胞が本来すべき役割を果たせなくなった時、代役を務める新しい細胞を生み出す能力を持っていると考えられています。そして現在、この「幹細胞」の再生能力を応用した夢の医療として「再生医療」が世界中で注目されています。「幹細胞」の研究が進歩し、「再生医療」が確立されれば、今まで治療が難しかった疾病にも対応できる可能性があり、次世代の医療として期待されています。私たち応用細胞再生医学講座では、「幹細胞」の持つ秘めた能力について研究を進めており、次世代の医療である「再生医療」の確立の一端を担うことで、社会貢献していきたいと考えています。

略歴

1986年3月関西医科大学 卒業
1987年4月関西医科大学大学院医学研究科博士課程(皮膚科学専攻)入学
1989年11月ドイツベルリン自由大学皮膚科学教室へ国外留学
1992年2月関西医科大学皮膚科学教室(助手)
1999年10月関西医科大学皮膚科学教室(講師)
2000年12月藤田保健衛生大学医学部皮膚科学講座(講師)
2001年10月藤田保健衛生大学医学部皮膚科学講座(助教授)
2007年4月藤田保健衛生大学医学部皮膚科学講座(准教授)
2008年4月藤田保健衛生大学医学部応用細胞再生医学講座(教授)
現在に至る

研究・業績

論文

  • Isolation of multipotent stem cells from mouse adipose tissue
    J Dermatol Sci 48: 43-52,2007
    Yamamoto N, Akamatsu H, Hasegawa S, Yamada T, Nakata S, Ohkuma M,
    Miyachi E.-I., Marunouch T, Matsunaga K

  • 皮膚と再生医療
    Aesthetic Dermatology 8:253-263, 2008
    赤松浩彦

  • Human skin stem cells and the ageing process,
    Exp Gerontol 43: 986-987, 2008
    Zouboulis CC, Adjaye J, Akamatsu H, Moe-Behrens G, Niemann C

  • 幹細胞をターゲットにしたアンチエイジング,
    Fregrance Journal 1: 33-41, 2009
    長谷川靖司、赤松浩彦
 
  • Age-related changes of 75 neurotrophin receptor-positive adipose-derived stem cells,
    J Dermatol Sci 58: 36, 2010
    Yamada T, Akamatu H, Hasegawa S, Yamamoto N, Yoshimura T, Hasebe Y, Inoue
    Y, Mizutani H, Uzawa T, Matsunaga K, Nakata S

  • Melanocyte stem cells express receptors for canonical Wnt-signaling
    pathway on their surface,
    Biochem Biophys Res Commun 11: 396:837 ,2010
    Yamada T, Akamatsu H, Hasegawa S, Inoue Y, Date Y, Mizutani H, Yamamoto
    N, Matsunaga K, Nakata S

  • Analysis of cell characterization using cell surface markers in the dermis,
    J Dermatol Sci 62: 98, 2011
    Hasebe Y, Hasegawa S, Hashimoto N, Toyoda M, Matsumoto K, Umezawa A, Yagami
    A, Matsunaga K, Mizutani H, Nakata S, Akamatsu H

  • 皮膚の幹細胞研究の進展と再生医療実用化に向けた将来展望
    先端医療 19: 91, 2012
    長谷川靖司、赤松浩彦

  • Bimodal effect of retinoic acid on melanocyte differentiation identified
    by time-dependent analysis,
    Pigment Cell Melanoma Res 25: 299, 2012
    Inoue Y, Hasegawa S, Yamada T, Date Y, Mizutani H, Nakata S, Matsunaga K,
    Akamatsu H

  • Protective effect of hochuekkito, a Kanpo prescription, against ultraviolet B
    irradiation-induced skin damage in hairless mice
    J Dermatol 40: 201, 2013
    Yanagihara S, Kobayashi H, Tamiya H, Tsuruta D, Okano Y, Takahashi K, Masaki H, Yamada T, Hasegawa S, Akamatsu H, Ishii M

その他

テレビ医学番組「話題の医学」日医生涯教育協力講座(テレビ東京)、「ざ瘡(にきび)治療の現状」ラジオNIKKEI「医学講座」、「きにナール!”大人にきび”に注意」東海テレビ・スーパーニュース などテレビ・ラジオに出演。