グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > あ行  > 秋田 浩孝

秋田 浩孝

職名准教授
専攻・専門分野皮膚科一般、レーザー治療(各種あざ、美容皮膚科)
皮膚生体計測学
主な担当科目
所属学会医学博士
日本皮膚科学会認定専門医
 および美容皮膚科・レーザー指導専門医
日本臨床皮膚外科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
日本皮膚科学会
日本臨床皮膚外科学会(理事)
日本美容皮膚科学会(評議員)
日本研究皮膚科学会
日本アレルギー学会
日本レーザー医学会東海支部会(評議員)
光老化研究会(世話人)
American Academy Dermatology


メッセージ

各種あざを早く、綺麗に治療するために2歳未満に治療が終了できるくらいの早期レーザー治療が必要となります。また大学病院では珍しいと思いますが、「しみ」・「たるみ」などに対するレーザー治療も積極的に行っています。しかし治療前には的確な診断などが重要です。
治療を受けてみたいが、美容皮膚科や美容外科を受診することに抵抗がある方、ぜひ一度受診していただけたらと思います。

略歴

1995年藤田保健衛生大学医学部 卒業
1995年藤田保健衛生大学病院 研修医
1997年藤田保健衛生大学医学部大学院博士課程 入学
2001年藤田保健衛生大学医学部大学院博士課程 卒業
2001年藤田保健衛生大学医学部皮膚科 助手
2002年米国Harvard Medical School皮膚科学教室
  (Wellman Center for Photomedicine, Massachusetts General Hospital)
太田母斑の合併症の1つである眼球メラノーシスに対するレーザー治療法の
開発・研究にてRox Anderson教授に師事
2004年藤田保健衛生大学医学部皮膚科 講師
2010年藤田保健衛生大学医学部皮膚科 准教授
現在に至る