グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > あ行  > 恵美 宣彦

恵美 宣彦

職名教授
専攻・専門分野内科学専攻・血液内科学
主な担当科目血液内科学総論
所属学会日本血液学会、日本造血細胞移植学会 
日本臨床腫瘍学会、日本がん学会


メッセージ

 私は、広島市出身で父親は薬剤師でした。子供の頃から医学の道に興味があり、医学部を目指しました。大学卒業後は、名古屋掖済会病院で救急医療をしっかり研修して、その後大学院に入り、研究は愛知県がんセンター免疫学部高橋利忠先生の教室で細胞表面抗原の実験をしました。
 1988年から、カリフォルニア州立大学サンディエゴ校小児科のTed Friedmann博士の研究室にポスドクとして留学しまして、海外で生活をして日本のよさを再認識しました。帰国後は、基礎研究としてウイルスベクターの構築、ヒト細胞への遺伝子導入を行ってきました。臨床研究として、再発APLに対するヒ素治療の研究などを企画してきました。

 たくさんの専門を持つ必要はありません。このことなら、誰にも負けないという領域を持つことが大切と思います。

血液内科学教室のHP:http://www.fujita-hu.ac.jp/~blood/#id65

略歴

2008年4月藤田保健衛生大学医学部血液内科学 主任教授
2005年7月藤田保健衛生大学医学部血液内科学 准教授
2001年11月名古屋大学大学院医学研究科分子細胞内科学 講師

研究・業績

論文

  • Yanada M, Tsuzuki M, Naoe T, Emi N et al:Phase 2 study of arsenic trioxide followed by autologous hematopoietic cell transplantation for relapsed acute promyelocytic leukemia. Blood. 2013 in press
  • Okamoto A, Yanada M, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Tsuzuki M, Akatsuka Y, Mizuta S, Okamoto M, Emi N. :Differences in outcome for consecutive patients with diffuse large B-cell lymphoma before and after the advent of rituximab: a single-center experience. Hematology. 2013 in press
  • Yasuda T, Suzuki R, Ishikawa Y, Terakura S, Inamoto Y, Yanada M, Nagai H, Ozawa Y, Ozeki K, Atsuta Y, Emi N, Naoe T.:Randomized controlled trial comparing ciprofloxacin and cefepime in febrile neutropenic patients with hematological malignancies. Int J Infect Dis. 2013 Jan 10. In press
  • Ueda Y, Sasaki K, Watanabe M, Emi N, Naoe T, Sugiyama H, Takaku F et al:Clinical evaluation of WT1 mRNA expression levels in peripheral blood and bone marrow in patients with myelodysplastic syndromes. Leuk Lymphoma. 2013 in press
  • Abe A, Katsumi A, Kobayashi M, Okamoto A, Tokuda M, Kanie T, Yamamoto Y, Naoe T, Emi N.:A novel RUNX1-C11orf41 fusion gene in a case of acute myeloid leukemia with a t(11;21)(p14;q22). Cancer Genet. 2012 205(11):608-11.
  • Okamoto A, Abe A, Okamoto M, Kobayashi T, Terazawa T, Inaguma Y, Tokuda M, Yanada M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Tsuzuki M, Akatsuka Y, Mizuta S, Yoshikawa T, Emi N.:Severe hepatitis associated with varicella zoster virus infection in a patient with diffuse large B cell lymphoma treated with rituximab-CHOP chemotherapy. Int J Hematol. 2012 Oct;96(4):516-20.