グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > あ行  > 太田 充彦

太田 充彦

職名准教授
専攻・専門分野労働衛生、予防医学、公衆衛生
主な担当科目公衆衛生学
所属学会日本産業衛生学会、日本疫学会


メッセージ

藤田保健衛生大学医学部は非常に教育熱心で、学生同士・学生と教師の結びつきもとても強い学校です。今後もこの良い校風を維持できるよう貢献したいと考えています。

略歴

1997年3月岡山大学医学部医学科 卒業
2002年3月岡山大学大学院医学研究科 修了
2002年4月高知医科大学(現・高知大学医学部)助手(公衆衛生学)
2007年9月藤田保健衛生大学医学部 講師(公衆衛生学)
2013年4月マヒドン大学(タイ王国) 公衆衛生学部
 公衆衛生学修士課程(Master of Public Health, International Course) 修了
2014年4月藤田保健衛生大学医学部准教授(公衆衛生学)

研究・業績

論文

1.Ota A, Mase J, Howteerakul N, et al.
 The Effort-reward Imbalance work-stress model and daytime salivary cortisol
 and dehydroepiandrosterone (DHEA) among Japanese women.
 Scientific Reports. 2014; 4: 6402.

2.Mase J, Ota A, Inoue K, et al.
 Reliability and validity of the Japanese translated version of the
 Swedish Demand-Control-Support Questionnaire.
 Industrial Health. 2012; 50: 467-475.

3.Ota A, Masue T, Yasuda N, et al.
 Living with a nonsmoking partner and smoking cessation of middle-aged Japanese male smokers:
 a prospective cohort study.
 Asian Biomedicine. 2012; 6: 653-658.

4.Ota A, Masue T, Yasuda N, et al.
 Psychosocial job characteristics and smoking cessation: A prospective cohort study using
 the Demand-Control-Support and Effort-Reward Imbalance job stress models.
 Nicotine & Tobacco Research. 2010; 12: 287-293.

5.Ota A, Masue T, Yasuda N, et al. Psychosocial job characteristics and insomnia:
 A prospective cohort study using the Demand-Control-Support (DCS)
 and Effort-Reward Imbalance (ERI) job stress models.
 Sleep Medicine 2009; 10: 1112-1117.

その他

産業医活動を通じ、地域の労働者の職場環境改善・健康増進にも貢献しています。