グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > は行  > 藤井 多久磨

藤井 多久磨

職名教授
専攻・専門分野産婦人科
主な担当科目産婦人科
所属学会日本産科婦人科学会、日本婦人科腫瘍学会(評議員)
日本臨床細胞学会(評議員)、日本癌学会
日本癌治療学会、日本産科婦人科内視鏡学会
日本内視鏡外科学会、婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構
日本産婦人科手術学会、日本臨床腫瘍学会
日本性感染症学会
International Gynecologic Cancer Society


メッセージ

藤田保健衛生大学医学部産婦人科講座は初代福島穣教授、第二代河上征治教授、第三代宇田川康博教授のご指導のもと教育、臨床、研究に多大なる貢献を挙げてまいりました。そして平成25年4月からは私、藤井多久磨が第4代として担当させていただいております。
大学病院として若手医師の育成は非常に重要なことと捉えています。医師として患者さんの気持ちがわかる、患者さんの視点に立った医療を展開したいと思います。医療はますます高度化していき、いろいろな技術、手法が開発されています。そのため知識や技術を習得させることが医学教育のすべてであるととられがちですが、目の前の患者さんにとって何が一番大切なことなのか、考えることができる人間が必要とされています。人間として魅力ある医療人の育成に努めたいと思います。そのうえで、個々の医師がそれぞれの専門性を高めることで、患者さんにとって最良の医療を提供できると考えています。

医育機関では「教育」、「臨床」、「研究」をそれぞれ「過去」、「現在」、「未来」という切り口で語ることができます。
「過去」とは今まで築き上げてきた経験則やエビデンスに基づいた医学知識を体系化し未来を担う若手医師に教育することです。現代の医学が今日あるのは先輩たちが過去に行ってきた努力の賜物であり、これは大切にしたいと思います。各疾患のガイドライン等には習熟しておく必要があります。
「現在」とは目の前にいる患者さんに最良の医療を提供することです。患者さんに心身ともに満足していただけるよう、臨床の現場で働いている医師は日々研鑽する必要があります。我々の講座では以前より、産婦人科手術の低侵襲手術に積極的に取り組んでおり、これをさらに推進したいと思います。また平成25年4月より母体胎児集中治療室、地域周産期母子医療センターが稼働することとなりました。愛知県周産期医療連携に大きく貢献できるのではないかと期待しております。
「未来」とは10年後、20年後の医療に貢献できるような研究をすることです。そのためには今何が医療の現場で不足しているのかとう問題意識を常に持っていることが重要です。医学の発展に貢献できるような研究を推進したいと思います。

今、産婦人科医師の減少や不足が大きな社会問題となっています。我々の社会的使命は元気で明るい産婦人科医師を育て、次世代へと続く産婦人科学講座を築き上げることです。新体制でスタートした我々の講座です。黎明期ということはどこの世界でもチャンスが転がっています。日本全国から、産婦人科を志望したい人を歓迎いたします。

略歴

1987年3月慶應義塾大学医学部 卒業
1987年5月慶應義塾大学医学部 研修医
1991年6月国立がんセンター研究所 分子腫瘍学部 リサーチレジデント
1996年4月慶應義塾大学医学部 助手(産婦人科学)
1996年9月米国エール大学 腫瘍内科リサーチアソシエート
2000年4月慶應義塾大学 助手
2005年4月慶應義塾大学医学部 専任講師(産婦人科)
2013年4月藤田保健衛生大学医学部産科婦人科学 教授

専門医資格

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医

研究・業績

研究テーマ

  • 婦人科腫瘍学
  • 子宮頸部癌化の分子機構解明とその結果の臨床応用

論文

  1. Matsumoto K, Hirai Y, Furuta R, Takatsuka N, Oki A, Yasugi T, Maeda H, Mitsuhashi A, Fujii T, Kawana K, Iwasaka T, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai Y, Kitagawa T, Yoshikawa H, for Japan HPV and Cervical Cancer(JHACC) Study Group :HLA Class II DRB1*1302 Allele Protects Against Progression to Cervical Intraepitheliel Neoplasia Grade 3. International of Journal of Gynecologic Cancer, 22(3) : 471-478, 2012
  2. Sakamoto K, Fujii T, Kawachi H, Miki Y, Omura K, Morita K, Kayamori K, Katsube
    K and Yamaguchi A : Reduction of NOTCH1 expression pertains to maturation
    abnormalities of keratinocytes in squamous neoplasia. Laboratory Investigation, 92 : 688-702,2012
  3. Murakami I, Fujii T, Kameyama K, Iwata T, Saito M, Kubushiro K, Aoki D : Tumor
    volume and lymphovascular space invasion as a prognostic factor in early invasive adenocarcinoma of the cervix. Journal of Gynecolgic Oncology, 23 (3):153-158,2012
  4. Hirasawa A, Akahane T, Kobayashi Y, Masuda K, Banno K, Fujii T, Susumu N, Tsubo T, Kameyama K, Sugano K, Aoki D : Lobular endocervical glandular hyperplasia and peritoneal pigmentation associated with Peutz-Jeghers syndrome due to a germline mutation of STK11.Annals of Oncology, 23,2990-2992,2012
  5. Matsumoto K, Hirai Y, Furuta R, Takatsuka N, Oki A, Yasugi T, Maeda H, Mitsuhashi
    A, Fujii T, Kawana K, Iwasaka T, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai Y, Kitagawa T,
    Yoshikawa H, for Japan HPV and Cervical Cancer(JHACC) Study Group:Subsequent
    risks for cervical precancer and cancer in women with low-grade squamous
    intraepithelial lesions unconfirmed by colposcopy-directed biopsy:results
    from a multicenter, prospective, cohort study. International.Journal. of Clinical.Oncology, 17(3) :233-239, 2012
  6. Satoh T, Matsumoto K, Fujii T, Sato O, Gemma N, Onuki M, Saito H, Aoki D, Hirai
    Y, Yoshikawa H : Rapid genotyping of carcinogenic human papillomavirus by
    loop-mediated isothermal amplification using a new automated DNA test
    ( Clinichip HPVTM ). Journal of Virological Methods, 188(1-2) : 83-93, March,2013
  7. Fujii T, Takatsuka N, Nagata C, Matsumoto K, Oki A, Furuta R, Maeda H, Yasugi
    T, Kawana K, Mitsuhashi A, Hirai Y, Iwasaka T, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai
    Y, Kitagawa T, Yoshikawa H : Association between carotenoids and outcome of
    cervical intraepithelial neoplasia : a prospective cohort study. International.Journal
    of Clinical Oncology,2013,in press
  8. Nishio H, Fujii T, Sugiyama J, Kuji N, Tanaka M, Hamatani T, Miyakoshi K, Minegishi K, Tsuda H, Iwata T, Tanaka K, Fukuchi T, Takehara Y, Yoshimura Y, and Aoki D
    Reproductive and obstetric outcomes after radical abdominal trachelectomy for early-stage cervical cancer in a series of 31 pregnancies, Human Reproduction, 2013, inpress