グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > は行  > 日髙 聰

日髙 聰

職名講師
専攻・専門分野神経生理学、感覚生理学、視覚生理学
神経科学、視覚神経科学
主な担当科目生理学、神経生理学、筋生理学、循環器生理学
所属学会日本生理学会、神経科学
The Society for Neuroscience (USA)
ARVO (Association for Research in Vision
          and Ophthalmology, USA)


メッセージ

視覚生理学・視覚神経科学の分野で,世界的に高い評価を得ている研究者・専門委員:
Journal of Integrative Neuroscience(Imperial College Press ,イギリス出版社),
Editorial Board, Editor(科学雑誌 編集委員: 担当・視覚神経科学)。

神経生理学の教育を発展させ,学生と心電図セミナー(勉強会・本学スキルスラボでの実習)を開催している。心電図の原理の理解のための,セミナーを実施している。毎年,やる気のある多くの医学部医学科の1年生と2年生の学生が参加している。やる気を持つ医学部医学科の学生をもっと増やして行きたい。

藤田保健衛生大学・保健学大学院にて,看護師特定能力認証制度での大学院教育の,病態生理学を担当して,特定能力認証を目指す看護師の養成に携わっている。特定能力認証を目指す看護師は,全員・やる気のある大学院生で,本担当に誇りを持って教育指導に望んでいる。試験前の夏休みには,入れ替わりに,毎日,大学院生が質問に来て,自分の研究にかなりの支障を来たしたほどだった。

略歴

1981年岡崎国立共同研究機構 基礎生物学研究所
1990年東京女子医科大学 第一生理学教室
1991年名古屋大学理学研究科 理学博士
1994年カリホルニア大学デイビス校 神経生理学 招待研究員(2年間)
1996年東京女子医科大学 復職
1997年藤田保健衛生大学 医学部 生理学教室
2012年藤田保健衛生大学、保健学大学院 准教授

研究・業績

研究課題

  1. 視覚系中枢ニューロン(網膜神経節細胞)間の電気シナプスによる同期興奮(活動電位の発生)のメカニズム
  2. 視覚系中枢の神経回路網の発生過程で発現する、ギャップ結合細胞間連絡と、その関連遺伝子の機能構造の解析
  3. 電位依存性イオンチャネル(ナトリウムチャネル、カルシウムチャネル、Hチャネル)の細胞内調節による活動電位発生の制御機構
  4. 視覚機能における,方向選択性の検出の神経機構の解明

論文

  • Hidaka S, Christensen BN, Naka K (1986) The synaptic ultrastructure in the outer plexiform layer of the catfish retina: a three-dimensional study with HVEM and conventional EM of Golgi-impregnated bipolar and horizontal cells. J. Comp. Neurol. 247: 181 - 199.
    URL: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cne.902470205/
  • Shimoda, Y., Hidaka, S., Maehara, M., Lu, Y. and Hashimoto, Y. (1992) Hyperpolarizing interplexiform cell of the dace retina identified physiologically and morphologically. Vis Neurosci. Vol 8 (3): pp. 193-199.
  • Hidaka S, Shingai R, Dowling JE, Naka KI (1989) Junctions form between catfish horizontal cells in culture. Brain Res. 498: 53 - 63.
  • Teranishi, T., Negishi, K., Hidaka, S. and Naka, K.I. (1987) Dendritic morphology of indoleamine cells revealed by intracellular injection of lucifer yellow in fixed carp retina. Neuroscience. Vol 22(No. 1): pp. 323-329.
  • Hidaka S, Maehara M, Umino O, Hashimoto Y (1993) Lateral gap junction connections between retinal amacrine cells summating sustained responses. NeuroReport 5: 29 - 32.
  • Umino O, Maehara M, Hidaka S, Kita K, Hashimoto Y (1994) The network properties of bipolar-bipolar coupling in the retina of teleost fishes. Vis. Neurosci. 11: 533 - 548.
  • 日 髙  聰, 田内 雅規 (1994) 視神経切断による網膜神経節細胞の変性. [特集]網膜神経節細胞 ―基礎と臨床―. 神経眼科 Vol 11 (No.3) pp. 263 - 270.
  • Hidaka S., Tauchi, M., Lu Y. and Hashimoto Y., (1994) Cellular morphology of retinal dopaminergic neurons, with special attention to centrifugal interplexiform cells. J. Tokyo Wom. Med. Coll. Vol. 64 (No. 6, 7): pp. 534-549.
  • Hidaka, S. and Hashimoto Y. (1995) Receptive-field properties of retinal amacrine cells in homotypic gap junction networks. In: Kanno Y, Kataoka K, Shiba Y, Shibata Y, Shimazu T (eds) Intercellular communication through gap junctions. Progress in Cell Research, Vol 4, Elsevier Science, Amsterdam, pp 261-264.
  • Lu, Y., Hidaka, S. and Hashimoto, Y. (1995) GABAergic inhibitory synapses from amacrine cells in the fish retina: evidence for GABA immunoreactivity in amacrine cells connected with tip-contact dendritic gap junctions, J. Tokyo Wom. Med. Coll. Vol 65: pp. 108-122.
  • Hidaka, S. and Hashimoto, Y. (1997) Regular mosaics of gap junctionally connected bipolar cells, amacrine cells and ganglion cells in the color-coded retina of Japanese dace. J. Tokyo Wom. Med. Coll. Vol. 67 (No. 5): pp. 248-275.
  • Hidaka, S. Copenhagen, D. R. and Murakami, M. (1999) Light responses of horizontal cells. The Retinal Basis of Vision. Elsevier Science, pp 83 - 92.
  • Hidaka, S. and Murakami, M. (1999) Electrical couplings of retinal neurons. The Retinal Basis of Vision. Elsevier Science. pp 171 - 184.
  • Hashimoto, Y., Shimoda, Y. and Hidaka, S. (1999) Interplexiform cells (IPCs): the sixth retinal neuron (dopaminergic IPCs in the fish retina). The Retinal Basis of Vision. Elsevier Science. pp 141 - 150.
  • 日 髙  聡 (2006) 同期興奮を引き起こす網膜神経節細胞間の電気シナプスの構造機能解析. 日本顕微鏡学会誌「顕微鏡」Vol 41 (No 2): pp 117 - 119.
  • Poznanski, R.R. and Hidaka, S. (2010) A method for estimating gap-junctional conductance between CA3 hippocampal pyramidal neurons. Journal of Integrative Neuroscience Vol 9 (No. 1): pp. 49-64.
  • Poznanski, R.R. and Hidaka, S. (2010) Cellular inhibitory behavior underlying the formation of retinal direction selectivity in the starburst network. Journal of Integrative Neuroscience Vol 9 (No. 3): pp. 299-335.
  • Hidaka, S. (2011) Suppression of electrical synapses between retinal amacrine cells of goldfish by intracellular cyclic-AMP. Brain Research. J. brainres. 2011. 01. 054.

その他

  • Imperial College Press (イギリス出版社)
    国際科学雑誌・
    Journal of Integrative Neuroscience
    Editorial Board, Editor(科学雑誌 編集委員: 担当・視覚神経科学、 雑誌の編集と 論文の審査)
    URL: http://www.worldscientific.com/page/jin/editorial-board

  • 新聞での研究業績の発表:
    共同研究者・海野 修との共同研究で、網膜双極細胞の間の電気シナプスの形成と、その特性について発表した(Visual Neuroscience, 1994年、平成6年10月14日付け・朝日新聞 掲載)。