グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > は行  > 花井 恒一

花井 恒一

職名教授
専攻・専門分野外科学、消化器外科学
内視鏡外科、ロボット外科
主な担当科目外科学、消化器外科学
所属学会日本外科学会、日本消化器外科学会、日本大腸肛門病学会
日本癌治療学会、日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会
日本内視鏡学会、SAGES、日本ロボット学会


メッセージ

外科学の面白さを、いかに医学生をはじめ医学に携わる多くの人に伝え、外科医を増やしていきたい。
それぞれの患者は、環境や生活も異なる。各患者の意向にあう治療を提供できるよう、幅広い選択をもてる医療を提供していきたい。

略歴

1985年藤田保健衛生大学医学部 卒業
1991年藤田保健衛生大学 大学院修了、医学博士修得
1991年中京病院外科 勤務
1994年藤田保健衛生大学 医学部 講師
2005年藤田保健衛生大学 医学部 助教授
2007年藤田保健衛生大学 医学部 准教授

研究・業績

研究テーマ

  • 腹腔鏡下大腸切除術の手術手技と教育
  • ロボット大腸手術の有用性の評価

その他

  • 腹腔鏡下大腸手術の普及
  • 日本で最初にロボット支援下大腸手術を行った。