グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > か行  > 河田 健司

河田 健司

職名教授
専攻・専門分野腫瘍内科
主な担当科目腫瘍学
所属学会米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology)
 Active member
米国癌学会(American Association for Cancer Research)
  Active member
欧州臨床腫瘍学会(European Society for Medical Oncology)
 Full member
日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会
日本癌学会、日本内科学会


メッセージ

臨床腫瘍科は藤田保健衛生大学に平成24年11月に新設されました。現在日本において2人に1人が癌にかかり、3人に1人が癌で亡くなるといわれています。多くのがん患者さんが薬物療法などの内科的治療の対象となります。近年、いろいろな臓器の薬物療法を専門とする臨床腫瘍医の重要性が認識されています。私たちは「専門性を発揮しやすい環境で、一人の患者さまをチームで診療することが、患者さま中心のチーム診療になる」という考えのもとで、各診療科・臨床腫瘍科・多職種が自然に協力できる環境で、患者さま中心のチーム診療を実践する臨床腫瘍医として皆様のがん治療に携わります。
 また、臨床腫瘍医を志す先生や学生さんには、臓器横断的な数多くのがん腫の診療の実践や、組織横断的な多職種によるチーム診療の実践を通して、本格的な臨床腫瘍学の教育を受けていただくことができます。

略歴

1997年山梨医科大学 卒業
1997年社会保険中京病院 研修医
1999年トヨタ記念病院 内科医
2000年国立がんセンター東病院 化学療法科レジデント
2003年国立がんセンター東病院 化学療法科がん専門修練医
2006年名古屋大学医学部化学療法部 病院助手
2009年名古屋第一赤十字病院 化学療法内科
2012年藤田保健衛生大学 臨床腫瘍科 教授

研究・業績

論文

  1. Yuichi Ando, Kenji Kawada, Megumi Inada, Sachi Morita, Ayako Mitsuma, et al. Pharmacokinetic study of S-1 in patients in whom inulin clearance was measured.
    Oncology, 83, 38-44, 2012

  2. Koichi Kitagawa, Kenji Kawada, Sachi Morita, Megumi Inada, Yuichi Ando et al. Prospective evalustion of corrected QT intervals and arrhythmias after exposure to epirubicin, cyclophaophamide, and 5-fluorouracil in women with brest cancer. Annals of Oncology, 23, 743-747, 2012,

  3. Kenji Kawada, Koichi Kitagawa, Sachi Kamei, Ayako Mitsuma, Yuichi Ando et al. The feasibility study of docetaxel in patients with anaplastic thyroid cancer. Japanese Journal of Clinocal Oncology, 40, 596-599, 2010

  4. Hironobu Minami, Kenji Kawada, Yasutsuna Sasaki, Makoto Tahara, Tadahiko Igarashi, et al. Population pharmacokinetics of docetaxel in patients with hepatic dysfunction treated in an oncology practice. Cancer Science, 100, 144-149, 2009

  5. Kenji Kawada, Koji Murakami, Takashi Sato, Yoshiki Kojima, Hironobu Minami et al. Prospective study of positron emission tomography for evaluation of the activity of lapatinib, a dual inhibitor of the erbB1 and erbB2 throsine kinases, in patients with advanced tumors. Japanese Journal of Clinical Oncology, 37, 44-48, 2007

その他

  • 「社会における活動」
    2009年5月から2011年1月 名古屋大学医学部倫理委員会外部委員
    2011年2月から 名古屋大学医学部治験審査委員会外部委員