グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > か行  > 川部 直人

川部 直人

職名講師
専攻・専門分野肝胆膵内科
主な担当科目消化器病学、特に肝臓


所属学会

日本内科学会: 認定内科医、総合内科専門医、指導医、東海支部評議員
日本消化器病学会: 消化器病専門医、指導医、学会評議員
日本肝臓学会: 肝臓専門医、指導医、西部会評議員
日本消化器内視鏡学会: 消化器内視鏡専門医、指導医
日本超音波医学会: 超音波専門医
日本消化器がん検診学会: 認定医 (胃、肝胆膵)
日本がん治療認定医機構: がん治療認定医
日本医師会: 認定産業医
日本胆道学会、日本膵臓学会、日本病態栄養学会、日本肝癌研究会、日本肝がん分子標的治療研究会 : 会員
臨床研修指導医講習会 修了

メッセージ

微力ながら良き医師の育成に貢献できるよう努めます。

略歴

1988年4月三重大学 医学部医学進学課程 入学
1994年3月三重大学 医学部医学科 卒業
1994年5月中部労災病院 臨床研修医
1995年4月名古屋大学 医学部 第三内科 入局
1996年5月中部労災病院 消化器科 医員
2000年10月中部労災病院 消化器科 医長
2003年7月厚生連 海南病院 消化器科 医長
2004年6月藤田保健衛生大学 医学部 消化器内科 助手
2005年4月藤田保健衛生大学 医学部 肝胆膵内科 助手
2007年4月藤田保健衛生大学 医学部 肝胆膵内科 助教
2011年4月藤田保健衛生大学 医学部 肝胆膵内科 講師 (現職)
2011年10月藤田保健衛生大学 医療科学部 兼任准教授 (兼任)

研究・業績

論文

  • Reduction of liver stiffness by antiviral therapy in chronic hepatitis B.
    Osakabe K, Ichino N, Nishikawa T, Sugiyama H, Kato M, Kitahara S, Hashimoto S, Kawabe N, Harata M, Nitta Y, Murao M, Nakano T, Shimazaki H, Arima Y, Suzuki K, Yoshioka K.
    J Gastroenterol. 2011 Nov; 46(11): 1324-34.

  • Liver stiffness in extrahepatic cholestasis correlates positively with bilirubin and negatively with alanine aminotransferase.
    Harata M, Hashimoto S, Kawabe N, Nitta Y, Murao M, Nakano T, Arima Y, Shimazaki H, Ishikawa T, Okumura A, Ichino N, Osakabe K, Nishikawa T, Yoshioka K.
    Hepatol Res. 2011 May; 41(5): 423-9.

  • A new index for non-invasive assessment of liver fibrosis.
    Ichino N, Osakabe K, Nishikawa T, Sugiyama H, Kato M, Kitahara S, Hashimoto S, Kawabe N, Harata M, Nitta Y, Murao M, Nakano T, Arima Y, Shimazaki H, Suzuki K, Yoshioka K.
    World J Gastroenterol. 2010 Oct 14; 16(38): 4809-16.

  • Reduction of liver stiffness by interferon treatment in the patients with chronic hepatitis C.
    Arima Y, Kawabe N, Hashimoto S, Harata M, Nitta Y, Murao M, Nakano T, Shimazaki H, Kobayashi K, Ichino N, Osakabe K, Nishikawa T, Okumura A, Ishikawa T, Yoshioka K.
    Hepatol Res. 2010 Apr; 40(4): 383-92.

  • The loss of HBeAg without precore mutation results in lower HBV DNA levels and ALT levels in chronic hepatitis B virus infection.
    Kawabe N, Hashimoto S, Harata M, Nitta Y, Murao M, Nakano T, Shimazaki H, Arima Y, Komura N, Kobayashi K, Yoshioka K.
    J Gastroenterol. 2009; 44(7): 751-6.

  • Liver stiffness measured by transient elastography correlates with fibrosis area in liver biopsy in patients with chronic hepatitis C.
    Nitta Y, Kawabe N, Hashimoto S, Harata M, Komura N, Kobayashi K, Arima Y, Shimazaki H, Nakano T, Murao M, Ichino N, Osakabe K, Aoki H, Hosoe Y, Sugiyama H, Nishikawa T, Yoshioka K.
    Hepatol Res. 2009 Jul; 39(7): 675-84.

  • Transient elastography: Applications and limitations.
    Yoshioka K, Kawabe N, Hashimoto S.
    Hepatol Res. 2008; 38(11): 1063-8.

  • Assessment of nutritional status of patients with hepatitis C virus-related liver cirrhosis.
    Kawabe N, Hashimoto S, Harata M, Nitta Y, Murao M, Nakano T, Shimazaki H, Kobayashi K, Komura N, Ito H, Niwa A, Narita W, Hanashita J, Ikeda A, Yoshioka K.
    Hepatol Res. 2008 May; 38(5): 484-90.

  • Mutations in carboxy-terminal part of E2 including PKR/eIF2alpha phosphorylation homology domain and interferon sensitivity determining region of nonstructural 5A of hepatitis C virus 1b: their correlation with response to interferon monotherapy and viral load.
    Ukai K, Ishigami M, Yoshioka K, Kawabe N, Katano Y, Hayashi K, Honda T, Yano M, Goto H.
    World J Gastroenterol. 2006 Jun 21; 12(23): 3722-8.

学会発表

  1. 山田太朗、佐藤二朗、田中花子:Agaricus blazei murrill由来抗腫瘍活性物質の精製と構造 第3回日本臨床検査学教育学会学術大会、福岡市、2008年8月20-22日

  2. 山田太朗、佐藤二朗、田中花子、鈴木三郎:血小板凝集を惹起するヘビ毒ボトロセチンのcDNAクローニングと発現 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会合同年会、神戸ポートアイランド、2008年12月9-12日

その他

市民公開講座や医師対象の講演など。