グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > か行  > 久米 祐介

久米 祐介

職名講師
専攻・専門分野英語学、言語学
主な担当科目英語
所属学会日本英語学会、日本英文学会、近代英語協会
英語語法文法学会、名古屋大学英文学会


メッセージ

医師を志すみなさんにとって、英語は近年ますます重要になってきています。英語で論文を読み書きし、海外の医師や患者と英語でコミュニケーションをとることができなければなりません。そのためには、読む、書く、聞く、話すという4つの技能をバランスよく習得することが必要です。みなさんが医師として国際的に活躍できる英語力の養成を目標に指導をしています。

略歴

2012年名古屋大学大学院文学研究科博士課程後期課程 満期修了
2012年藤田保健衛生大学医学部医学科 講師

研究・業績

著書・論文

2013年
  • 「軽動詞構文と同族目的語構文の共時的・通時的関連性について」, 『言語変化―動機とメカニズム』, 開拓社.
  • 「Ian Roberts: Diachronic Syntax」, 『中部英文学』, Vol. 32.
  • 「Have/Take an N構文について」, 『JELS』, Vol. 30.

2012年
  • 「二重動詞構文の構文化」, 『構文化と文法化』, ひつじ書房.
  • “A Diachronic Approach to Have a N Constructions,” Linguistics and Philology, Vol. 31.

2011年
  • “On the Complement Structures and Grammaticalization of See as a Light Verb,” English Linguistics, Vol. 28.
  • 「知覚動詞seeの軽動詞用法について」, 『JELS』, Vol. 28.
  • “A Minimalist Approach to Complex Verbs in English,” Linguistics and Philology, Vol. 30.

2010年
  • “A Corpus Based Study of Double Verb Constructions in English,” Synchronic and Diachronic Approaches to the Study of Language: A Collection of Papers Dedicated to the Memory of Professor Masachiyo Amano, Eichosha Phoenix.
  • 「二重動詞構文の歴史的発達とCOME/GO動詞の文法化について」, 『中部英文学』, Vol. 29.
  • “A Diachronic Analysis of Periphrastic Causative Constructions in English,” Linguistics and Philology, Vol. 29.

2009年
  • “On Double Verb Constructions in English: With Special Reference to Grammaticalization,” English Linguistics, Vol. 26.
  • “On Double Verb Constructions in English,” Linguistics and Philology, Vol. 28.

2008年
  • “On a COME/GO Verb in the VV construction,” Linguistics and Philology, Vol. 27.