グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > か行  > 小林 昌義

小林 昌義

職名准教授
専攻・専門分野血管外科学
主な担当科目血管外科学
所属学会日本外科学会会員、日本臨床外科学会会員
日本消化器外科学会会員、日本心臓血管外科学会
日本脈管学会評議員、日本血管外科学会評議員
日本静脈学会評議員、アジア心臓血管外科学会国際会員


メッセージ

大学病院の使命である臨床・教育・研究という三本柱を常に心がけ日々の業務を遂行しています。当科は心臓血管外科学教室であり、静脈から心臓・大血管・末梢血管まで広い範囲の疾患を対象にしている診療科です。その中でも小生が専門にしている血管外科は、日本ではまだメジャーとは言えませんが欧米を含めた諸外国では”vasular surgery\"としてその診断から治療までを一つの科で完遂できる、メジャーな診療科としての地位を築きあげています。昨今、人口の高齢化、生活習慣の西洋化にともない、血管外科医の取り扱う動脈硬化性疾患である末梢動脈閉塞性疾患や動脈瘤患者数も増加していますが、従来から行われて来たopen surgeryだけでなく、低侵襲治療として血管内治療(ステントグラフト内挿術、血管拡張術、ステント留置術など)にも力を入れております。さらに本年度からは静脈瘤に対する低侵襲治療としてレーザー治療を導入する予定です。研究としては動脈硬化性疾患や炎症性血管疾患の発症機序解明のため病理学的、免疫組織化学的手法を用いてその解析を進めている段階です。血管疾患に興味のある方は懇切、丁寧にご指導致しますので是非とも当科に一度お立ち寄りください。

略歴

1989年3月名古屋大学医学部医学科 卒業 
1989年6月市立半田病院 研修医
1990年4月市立半田病院 外科スタッフ
1994年4月遠州総合病院 外科スタッフ
1999年3月名古屋大学外科系外科学第一大学院 卒業
1999年4月Division of Vascular Surgery、Department of Surgery、University
  of North Carolinaに留学
2000年4月金沢医科大学胸部心臓血管外科 助手
2001年4月金沢医科大学胸部心臓血管外科 講師
2002年10月名古屋大学附属病院 助手
2003年4月名古屋大学医学系研究科 講師
2006年4月名古屋大学医学部 講師
2012年1月藤田保健衛生大学医学部 心臓血管外科 准教授

研究・業績

原著

  • 英文原著
    Masayoshi Kobayashi, Masafumi Ito, Atsuko Nakagawa, Naomichi Nishikimi, Yuji Nimura.
     Immunohistochemical analysis of arterial wall cellular infiltration in Buerger’s disease ( endarteritis obliterans).
    J Vasc Surg  29:451-8, 1999
                                    
    Masayoshi Kobayashi, Masafumi Ito, Atsuko Nakagawa, Masahiro Matsusita, Naomichi Nishikimi, Tsunehisa Sakurai, Yuji Nimura.
     Nuetrophil and endothelial cell activation in the vaso vasorum in vasculo-Behçet disease”.
    Histopathology 36:362-371, 2000              
         
    Masayoshi Kobayashi, Junichi Matsubara, Masahiro Matsushita, Naomichi Nishikimi, Tsunehisa Sakurai, Yuji Nimura
    Expression of Angiogenesis and Angiogenic Factors in Human Aortic Vascular Disease”
    J Surg Research 106、239-245 2002

    Masayoshi Kobayashi, Kenji Hida, Hiroo Shikata, Shigeru Sakamoto, Junichi Matsubara
    Long Term Outcome of Femoropopliteal Bypass for Claudication and Critical Ischemia
    Asian Cardiovasc Thorac Ann 12:208-212, 2004

  • 総説
    Masayoshi Kobayashi, Nomichi Nishikimi, Kimihiro Komori
    Current Pathological and Clinical Aspects of Buerger’s disease in Japan
    Ann Vasc Surg 2006; 20: 148-156

  • 症例報告
    Masayoshi Kobayashi, Masahiro Matsushita, Naomichi Nishikimi,
    Tsunehisa Sakurai, Yuji Nimura.
    “Treatment for abdominal aortic aneurysm in a patient with hemophilia A:
    A case report and review of the literature”.
    J Vasc Surg 25:945-8, 1997     

    Masayoshi Kobayashi, Masahiro Matsushita, Naomichi Nishikimi,
    Tsunehisa Sakurai, Yuji Nimura.
     “Aortic stump closure with a titanium permanent clamp: A useful emergency method
    J Vasc Surg 27:772-5, 1998

    M. Kobayashi, K. Kurose, T. Kobata, K. Hida, J Matsubara
    Ischemic intestinal involvement in a patient with Buerger’s disease
    JVS 2003,38,170-4

    M. Kobayashi, K. Kurose, T. Kobata, K. Hida, J Matsubara
    Ischemic intestinal involvement in a patient with Buerger’s disease
    Review series Rheumatology issue 2/2004, 23-25

    Masayoshi Kobayashi, Masahiro Matsushita, Naomichi Nishikimi,
    Tsunehisa Sakurai, Yuji Nimura “Treatment for abdominal aortic aneurysm In a patient with hemophilia A: A case report and review of the literature”
    abstract in International hemophilia 1997; 2