グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > ま行  > 松永 佳世子

松永 佳世子

職名教授
専攻・専門分野皮膚アレルギー学(接触皮膚炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎)
美容皮膚科学
主な担当科目皮膚科学
所属学会日本皮膚科学会(理事)
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会(理事)
日本アレルギー学会(代議員)
International Contact Dermatitis Research Group 班員
日本ラテックスアレルギー研究会(理事)
日本美容皮膚科学会(理事)
日本香粧品学会(理事) 
日本乾癬学会(評議員)、日本皮膚悪性学会(評議員)
日本小児皮膚科学会(評議員)


メッセージ

医師という仕事を通して、私は「人を活かす」という人生の目的と使命
を得ることができました。人生には、選択し決断しなくてはならないことが多々ありますが、その時、いつも第1に考えることが「人を活かす」ことです。「知性とは置かれた環境の中で最大限自分を活かすこと」を座右の銘として、教育の主人公である学生さんと若手医師のみなさんが、人生の目的を考え、学び、自分を活かしていけるように、サポートできたらと思います。

略歴

1976年三菱名古屋病院 研修医
1977年名古屋大学医学部皮膚科入局/附属病院・分院 研修医
1978年名古屋保健衛生大学医学部皮膚科 助手
1980年名古屋大学医学部附属病院皮膚科 医員
1981年名古屋大学医学部附属病院分院 医員
1991年藤田保健衛生大学医学部皮膚科学 講師
2000年藤田保健衛生大学医学部皮膚科学講座 教授 ~現在に至る
2009年~2012年藤田保健衛生大学病院 副院長
臨床研修センター長
2014年藤田保健衛生大学 副学長

資格

  • 医学博士
  • 日本皮膚科学会認定専門医/指導医
  • 日本アレルギー学会認定専門医/指導医 

研究・業績

専門分野

  • 【接触皮膚炎】
    現在、職業性接触皮膚炎、ラテックスアレルギー、化粧品皮膚炎、金属アレルギーなど接触アレルギーの原因を解明するために、積極的にパッチテスト、プリックテストを実施し、原因究明し完治させる診療を行なっている。2004年1月から日本接触皮膚炎学会の理事長、さらに2007年4月から2011年3月まで日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会理事長として、日本における接触皮膚炎の研究、診療、教育の中心を担ってきた。2011年4月より同学会の学術教育委員長として活動している。

  • 【蕁麻疹】
    原因を解明するために、プリックテストをはじめとする諸検査を積極的に行なっている。運動誘発アナフィラキシー、口腔アレルギー症候群などの病態解明や原因確定を行なえる数少ない施設である。日本アレルギー学会の特別委員会委員長として、加水分解コムギ末含有石鹸による全身性コムギアレルギーの解決にあたっている。

  • 【アトピー性皮膚炎】
    悪化要因の検索を怠らず、一人一人の悩みや心理面にも細かな配慮を心掛けている。多くの症例を治療している。日本皮膚科学会代議員で、アトピー性皮膚炎治療問題委員会の委員を務め、2004年1月にはアトピー性皮膚炎治療研究会第9回シンポジウム会長を務めた。アトピー性皮膚炎セルフケア教育入院などで、患者さんの正しい疾患理解とケアを教育し治療成績を向上させている。

  • 【スキンケア・美容皮膚科】
    長年、化粧や外用薬の開発において皮膚安全性や有効性を検討してきた。ニキビ、シミ、シワ、化粧かぶれ、赤ら顔など外観の問題を治解決するための研究、診療、教育を行なっている。当院ではケミカルピーリング、IPL、レーザー治療、イオントフォレシス、美白剤による治療などをどうして効くのか、どこまで効くのか、研究を行ないながら新しい治療法を開発している。日本美容皮膚科学会理事であり2012年には第30回学術大会会長を担当した。日本香粧品学会理事も務め、2005年の第30回学術大会を担当した。QOLを向上させるための医学/医療の一環として美容総合医学/診療を位置づける。

著書/論文

皮膚アレルギーなどを中心に約600