グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > ま行  > 升森 宏次

升森 宏次

職名准教授
専攻・専門分野消化管外科学・内視鏡外科
主な担当科目下部消化管外科、内視鏡外科
所属学会日本大腸肛門病学会 指導医 評議員 
日本外科学会 専門医 
日本消化器外科学会 認定医 
日本消化器病学会 専門医 
日本消化器内視鏡学会 指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定医 評議員
日本腹部救急医学会 評議員
日本癌治療学会 癌治療認定医
日本乳癌学会 認定医 
東海外科 評議員


メッセージ

私が最も大切にしていることは、外科医であると同時に一人の人間として常に誠実に患者様と向き合うことです。医療現場はまさに日進月歩。外科分野においても治療技術の進化は目覚しく、苦痛の少ない低侵襲で精緻な手術(腹腔鏡手術、ロボット手術)へと移行しています。それは、心身の負担を最小限にかつ最大の治療効果を望めるものです。患者様に安心と信頼で確実な治療ができる外科医として伴に外科の道を歩んでいきましょう。

略歴

1991年5月藤田保健衛生大学病院 研修医
1993年3月藤田保健衛生大学病院 研修医終了
1993年4月国立東京第二病院 レジデント
1995年3月国立東京第二病院 レジデント終了
1995年4月藤田保健衛生大学 大学院入学
1999年3月藤田保健衛生大学 大学院卒業
1999年4月藤田保健衛生大学病院 助手
2002年4月藤田保健衛生大学病院 講師
2008年4月京都大学 消化管外科 助手
2009年7月藤田保健衛生大学病院 講師
2013年4月藤田保健衛生大学病院 准教授