グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > な行  > 長崎 弘

長崎 弘

職名教授
専攻・専門分野生理学、神経内分泌学
主な担当科目生理学
所属学会日本内分泌学会 評議員
日本神経内分泌学会 
日本糖尿病学会 代議員
日本内科学会
日本間脳下垂体腫瘍学会
日本甲状腺学会
The Encocrine Society (regular member)
Society for Neuroscience (regular member)


メッセージ

進路に迷ったら、心の声に従ってください。自分の心は自分がやりたいことを知っています。それにしっかり向き合っていれば、それぞれの仕事はいつの日にか必ず繋がり、大きな完成を迎えるでしょう。「Steve Jobs: Speech at Stanford Univ. 2005より」

略歴

1983年愛知県立旭丘高校普通科 卒業
1989年名古屋大学医学部 卒業
1989年~92年名古屋第二赤十字病院 研修及び内分泌内科
1992年社会保険東濃病院内科
1993年~1997年名古屋大学医学部大学院内科学第一講座、 医学博士号修得
1997年~2000年名古屋大学医学部大学院内科学第一講座 客員研究員
2000年~2003年Dept. of Pharmacology, University of California, Irvine. Research Resident
2003年~2005年名古屋大学大学院医学研究科 病態内科学講座代謝病態内科学 客員研究員
2005年名古屋大学医学部 代謝性疾患学寄附講座 助教
2008年名古屋大学医学部 代謝性疾患学寄附講座 講師
2011年藤田保健衛生大学医学部 生理学講座I 准教授

研究・業績

英文原著

  1. Hiroshi Nagasaki, Takaaki Kondo, Masahiro Fuchigami, Hiroyuki Hashimoto, Yoshihisa Sugimura, Nobuaki Ozaki, Hiroshi Arima, Akira Ota, Yutaka Oiso, Yoji HamadaFEBS Letters 586 (2012) 368–372
  2. Akira Ota • Akira Nakashima • Yoko S. Kaneko • Keiji Mori •Hiroshi Nagasaki • Takeshi Takayanagi • Mitsuyasu Itoh •Kazunao Kondo • Toshiharu Nagatsu • Miyuki Ota
    Effects of aripiprazole and clozapine on the treatment of glycolytic carbon in PC12 cells
    J Neural Transm 119 (2012) :1327-42
  3. Yoshiaki Morishita, Hiroshi Arima, Maiko Hiroi, Masayuki Hayashi, Daisuke Hagiwara, Naoya Asai, Nobuaki Ozaki, Yoshihisa Sugimura, Hiroshi Nagasaki, Akira Shiota, Masahide Takahashi, and Yutaka Oiso.
    Poly(A) Tail Length of Neurohypophysial Hormones Is Shortened Under Endoplasmic Reticulum Stress
    Endocrinology December 1, 2011 vol. 152 no. 12 4846-4855
  4. Nagasaki H, Shang Q, Suzuki T, Hashimoto H, Yoshimura T, Kondo TA, Ozaki T, Maruyama S, Jomori T, Oiso Y, Hamada Y:
    Low-serum culture system improves the adipogenic ability of visceral adipose tissue-derived stromal cells.
    Cell Biol Int 35:559-568, 2011
  5. Chung S, Wong T, Nagasaki H, Civelli O:
    Acute homeostatic responses to increased fat consumption in MCH1R knockout mice.
    J Mol Neurosci 42:459-463, 2010
  6. Suzuki C, Nagasaki H, Okajima Y, Suga H, Ozaki N, Arima H, Iwasaki Y, Oiso Y:
    Inflammatory cytokines regulate glycoprotein subunit beta5 of thyrostimulin through nuclear factor-kappaB.
    Endocrinology 150:2237-2243, 2009
  7. Orihara K, Morita H, Yagami A, Kajiwara N, Nakae S, Matsumoto K, Nagasaki H, Saito Y, Saito H, Matsuda A:
    TH2 cytokines potently induce an appetite-stimulating peptide, melanin-concentrating hormone, in human vascular endothelial cells.
    J Allergy Clin Immunol 124:612-614, 614 e611-612, 2009
  8. Nagasaki H, Chung S, Dooley CT, Wang Z, Li C, Saito Y, Clark SD, Houghten RA, Civelli O:
    The pharmacological properties of a novel MCH1 receptor antagonist isolated from combinatorial libraries.
    Eur J Pharmacol 602:194-202, 2009
  9. Chung S, Hopf FW, Nagasaki H, Li CY, Belluzzi JD, Bonci A, Civelli O:
    The melanin-concentrating hormone system modulates cocaine reward.
    Proc Natl Acad Sci U S A 106:6772-6777, 2009
  10. Suga H, Nagasaki H, Kondo TA, Okajima Y, Suzuki C, Ozaki N, Arima H, Yamamoto T, Akai M, Sato A, Uozumi N, Inoue M, Hasegawa M, Oiso Y:
    Novel treatment for lithium-induced nephrogenic diabetes insipidus rat model using the Sendai-virus vector carrying aquaporin 2 gene.
    Endocrinology 149:5803-5810, 2008
  11. Okajima Y, Nagasaki H, Suzuki C, Suga H, Ozaki N, Arima H, Hamada Y, Civelli O, Oiso Y:
    Biochemical roles of the oligosaccharide chains in thyrostimulin, a heterodimeric hormone of glycoprotein hormone subunits alpha 2 (GPA2) and beta 5 (GPB5).
    Regul Pept 148:62-67, 2008
  12. Suzuki C, Nagasaki H, Okajima Y, Suga H, Arima H, Iwasaki Y, Oiso Y:
    The LIM domain homeobox gene isl-1 is a positive regulator of glycoprotein alpha 2 (GPA2), a subunit of thyrostimulin.
    Regul Pept 142:60-67, 2007
  13. Nagasaki H, Wang Z, Jackson VR, Lin S, Nothacker HP, Civelli O:
    Differential expression of the thyrostimulin subunits, glycoprotein alpha2 and beta5 in the rat pituitary.
    J Mol Endocrinol 37:39-50, 2006
  14. Nagasaki H, Yokoi H, Arima H, Hirabayashi M, Ishizaki S, Tachikawa K, Murase T, Miura Y, Oiso Y:
    Overexpression of vasopressin in the rat transgenic for the metallothionein-vasopressin fusion gene.
    J Endocrinol 173:35-44, 2002
  15. Sekiya K, Nagasaki H, Ozaki N, Suzuki A, Miura Y, Oiso Y:
    Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide prevents cytokine-induced cytotoxicity via inhibition of inducible nitric oxide synthase expression in beta TC cells.
  16. Nagasaki H, Ito M, Yuasa H, Saito H, Fukase M, Hamada K, Ishikawa E, Katakami H, Oiso Y:
    Two novel mutations in the coding region for neurophysin-II associated with familial central diabetes insipidus.
    J Clin Endocrinol Metab 80:1352-1356, 1995

学会発表

主任
  • 平成17年度 財団法人愛知腎臓財団研究助成費 
    「センダイウイルスベクターを用いた腎性尿崩症の遺伝子治療法の確立」
  • 平成19年−21年度 科学研究費補助金(基盤研究C)研究代表者
    「新規下垂体糖蛋白ホルモン、サイロスティムリンの生理機能の探索」
  • 平成19年度 財団法人那古野医学振興会研究奨励金
    「脂肪由来幹細胞を応用した抗肥満薬開発」
  • 平成22年−24年度 科学研究費補助金(基盤研究C)
    「メラニン凝集ホルモン受容体拮抗薬の末梢臓器における食欲抑制機序の解明」
  • 平成25年−27年度 科学研究費補助金(基盤研究C)
    「腫瘍随伴間脳視床下部障害に対する胚性幹細胞による再生治療の開発」

分担
  • 平成20年−22年度 科学研究費補助金(基盤研究C)研究分担者
    「メタボリックシンドロームの新規治療標的としての脂肪細胞S1P受容体の 研究」
  • 平成22年−24年度 科学研究費補助金(基盤研究B)研究分担者
    「中枢性尿崩症の再生治療」

特許

“A Synthetic Antagonist To the MCHR1 Receptor and Methods of Use”
Olivier Civelli, Hiroshi Nagasaki, Richard Houghten and Colette Dooley
University of California, Irvine., Mixture Sciences
国際出願番号 PCT/US2005/009527
国際公開番号 WO2005/094817 A1
国際公開日 2005. 10.13

“腎性尿崩症治療用組換えベクター及びその用途”
長崎 弘、須賀英隆、大磯ユタカ、井上 誠、長谷川 護
国立大学法人 名古屋大学
国際出願番号 PCT/JP2008/066034
国際公開番号WO 2009/031635 
国際公開日 2009. 3.12

“酸化ストレス評価法及びその用途”
大河内美奈、本田裕之、濱田洋司、長崎 弘
国立大学法人 名古屋大学
国際出願番号 PCT/JP2010/060347
出願日 2010/6/18

その他

  • 2005年~ 日本内科学会 専門医
  • 2006年~ 日本内分泌学会 専門医
  • 2007年~ 日本糖尿病学会 専門医