グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > さ行  > 園田 茂

園田 茂

職名教授、七栗サナトリウム病院長
専攻・専門分野  リハビリテーション医学
主な担当科目リハビリテーション・介護、運動学II (医療科学部)
所属学会日本リハビリテーション医学会
回復期リハビリテーション病棟協会
日本脳卒中学会、日本義肢装具学会
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
日本高次脳機能障害学会


メッセージ

高齢化社会、これに対応できなければこれからの医師はやっていけません。その切り札の一つであるリハビリテーションを扱う正規の講座が藤田保健衛生大学には2つもあります。

略歴

1985年慶應義塾大学医学部 卒業
1985年慶應義塾大学医学部リハビリテーション科
1995年東京都リハビリテーション病院 医長
1997年慶應義塾大学月が瀬リハビリセンター 専任講師
2000年藤田保健衛生大学医学部リハビリ医学講座 助教授
2002年藤田保健衛生大学医学部リハビリ医学講座 教授
2003年藤田保健衛生大学七栗サナトリウム 病院長
2004年藤田保健衛生大学藤田記念七栗研究 所長(兼務)

研究・業績

研究テーマ

  • 脳卒中リハビリテーション・帰結予測

論文

  • Sonoda S, Saitoh E, Nagai S, Kawakita M, Kanada Y: Full-time integrated treatment program, a new system for stroke rehabilitation in Japan. Am J Phys Med Rehabil 83: 88-93, 2004
  • Sonoda S: Recovery from stroke. Crit Rev Phys Rehabil Med 11: 75-109, 1999
  • Sonoda S, Mori M, Goishi A: Pattern of localisation error in patients with stroke to sound processed by a binaural sound space processor. J Neurol Neurosurg Psychiatry 70: 43-49, 2001
  • Sonoda S, Saitoh E, Nagai S, Okuyama Y, Suzuki T, Suzuki M: Stroke outcome prediction using reciprocal number of initial activities of daily living status. J Stroke Cerebrovasc Dis 14: 8-11, 2005

その他

回復期リハビリテーション病棟協会では副会長を務め、リハビリテーションの質の向上に努めています。