グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > さ行  > 関谷 隆夫

関谷 隆夫

職名教授
専攻・専門分野周産期医学 超音波医学
主な担当科目産婦人科学
所属学会日本産科婦人科学会、日本超音波医学会
日本母体胎児医学会、日本周産期新生児学会
日本妊娠高血圧学会、日本生殖医学会
日本女性医学会、日本東洋医学会、日本癌治療学会
日本産婦人科乳癌学会


メッセージ

  • 最も大切に思っている事:
    ヒトは自分の力だけでは生きて行けません。教育(自分を含めて)・臨床・研究のいずれをおこなうにしても、自分自身の努力は勿論のこと、周囲の助力が必要です。さらに自分の意志や夢も、先人の教えや過去の経緯があってはじめて実現するものです。”徳(とく)は孤(こ)ならず必ず隣(となり)あり”といいますが、私はこれまでもこれからも、おかげさまでの気持ちを忘れずに精進していこうと思っております。

略歴

1985年日本医科大学医学部 卒業
1985年日本医科大学付属第二病院 研修医
1987年米国ハワイ州立大学 Kapiolani Mothers and Children’s Hospital 臨床研修出張
1987年日本医科大学付属第二病院 産婦人科 助手
1991年東京都立母子保健院産婦人科 医員
1992年日本医科大学付属第二病院 産婦人科 助手
1992年博士(医学)
1999年日本医科大学医学部 産婦人科学講座 講師
2001年藤田保健衛生大学医学部 産婦人科学講座 講師
2009年藤田保健衛生大学医学部 産婦人科学講座 准教授
2011年藤田保健衛生大学医学部 周産期医学講座 教授

研究・業績

研究テーマ

超音波検査を用いた画像診断に関する研究を行っております。婦人科領域では女性性器の形態異常や腫瘍の診断、周産期領域では胎児出生前診断、胎児 well beingの評価、母体の早産予知、胎盤や臍帯異常の診断など妊娠・分娩・産褥に関わる多くの問題をテーマとしております。 さらに、医療連携や画像診断技術の向上のために地域の勉強会や全国的な講習会も積極的に行っております。

その他

超音波検査は、生殖器や胎児に対する影響が少なく、産婦人科において第一選択となる画像診断法です。本法を用いて早期から正確な出生前診断を受けることは、患者様やこれから生まれてくる胎児にとって、最適な医療を受けるための重要なプロセスともいえます。最高の診断は最高の治療に繋がるものと考えて精進致しております。