グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > た行  > 外山 宏

外山 宏


職名主任教授
専攻・専門分野放射線医学
主な担当科目画像診断Ⅰ、Ⅱ、基本的診療技能、
CM-II、PBL


所属学会

日本医学放射線学会代議員、日本医学放射線学会広報委員、日本核医学会評議員、日本脳神経核医学研究会運営委員、広報委員、日本核医学会 PET核医学分科会正会員、施設登録推進委員、米国核医学会会員、米国核医学会脳イメージング評議会委員(2001~2003年)、ヨーロッパ核医学会会員、日本医学放射線学会中部地方会世話人、日本核医学会中部地方会世話人、日本アイソトープ協会正会員、日本アイソトープ協会、医学・薬学部会、第6回、第7回全国核医学診療実態調査専門委員会委員(2006~2008年、2011~2013年)、財団法人原子力安全研究協会、国際原子力安全交流専門委員会サブグループ委員(2007年)、Brain Function Imaging Conferenceプログラム委員長、原子力安全研究協会研究参与、東海総合画像研究会代表世話人、東海核医学セミナー世話人、東海脳神経核医学研究会世話人、事務局、ニューロイメージングカンファレンス 運営委員、
東海腫瘍核医学研究会世話人、東海循環器核医学研究会世話人、愛知PET臨床利用研究会世話人、国立長寿医療センター研究所長寿脳科学研究部客員研究員、独立行政法人 放射線医学総合研究所分子イメージング研究センター先端生体計測研究グループ客員研究員(2007~2010年)

メッセージ

2012年に一棟丸ごと放射線診療関連部門として、低侵襲画像診断・治療センター(放射線センター)がオープンしました。各フロアに最新鋭の診断、治療機器をそなえています。最先端の医療を学ぶ意欲のある学生さんをお待ちしています。

略歴

  • 学歴
    昭和52年(1977年) 3月愛知県立中村高等学校卒業、昭和53年(1978年) 4月名古屋保健衛生大学医学部医学科入学、昭和59年(1984年) 3月同卒業、昭和61年(1986年) 4月藤田学園保健衛生大学大学院博士課程入学、平成2年(1990年) 3月同修了

  • 職歴
    昭和59年(1984年) 5月名古屋保健衛生大学病院研修医採用、昭和61年(1986年) 4月藤田学園保健衛生大学病院研修医修了、平成2年(1990年) 4月藤田学園保健衛生大学医学部放射線科研究員採用、平成3年(1991年) 4月カナダ、トロント大学医学部マウント・サイナイ病院放射線科リサーチフェロー、平成4年(1992年) 3月 同修了、平成4年(1992年) 4月藤田保健衛生大学医学部放射線医学教室講師、平成13年(2001年) 8月米国、国立衛生研究所精神科(NIMH, NIH)、分子イメージング、PETイメージング部門客員研究員、平成15年(2003年) 8月藤田保健衛生大学放射線医学教室講師復職、平成16年(2004年) 10月藤田保健衛生大学医学部放射線医学教室准教授、平成25年(2013)年4月藤田保健衛生大学医学部放射線医学教授就任

研究・業績

研究助成

  1. 平成7-9年度文部科学省科学研究費基盤研究(C)「核医学によるヒト脳内受容体定量方法開発のための基礎的検討」、分担研究者
  2. 平成9-12年度文部科学省科学研究費基盤研究(B)「がん間質特異抗体の開発とその臨床応用への基礎的研究」、分担研究者
  3. 平成18-20年度文部科学省科学研究費基盤研究(C)「アルツハイマー病早期診断のための分子イメージングに関する基礎的研究」、研究代表者
  4. 財団法人 医科学応用研究財団 設立25周年記念特別助成、「アルツハイマー病早期マーカーのための活性化ミクログリアの画像化:PETによる末梢性ベンゾジアゼピン受容体イメージング」、研究代表者
  5. 21世紀COEプログラム医学分野「超低侵襲標的化診断治療開発センター」(平成15?19年度)、平成17-19年度ティシューターゲティング技術シーズ:「脳の標的化画像診断」、研究代表者
  6. 平成20-22年度文部科学省科学研究費基盤研究(B)「脳移行性ペプチドを用いた新規脳機能イメージング用PETリガンドの開発」、分担研究者
  7. 平成20-22年度文部科学省科学研究費基盤研究(B)「微少採血系開発及び無採血化を含むPETによるマウス神経受容体定量画像手法の構築」、分担研究者
  8. 平成21-23年度文部科学省科学研究費基盤研究(B)「神経免疫応答の画像診断―新規PBRリガンドによるアプローチと多角的検証」、研究代表者
  9. 平成21-22年度長寿医療研究委託研究
    「認知症の早期診断のための画像診断機器(ネットワーク活用による共同カンファレンスシステムを含む。)の開発」、分担研究者
  10. 平成23年度公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団二国間国際共同研究助成「日本―ベトナム間核医学技術交流:定量的脳核医学断層画像の標準化」、研究代表者
  11. 平成24-26年度文部科学省科学研究費基盤研究(C)「マウスPET定量分子イメージングへのμL自動採血・代謝物分析・雑音低減法の開発」、分担研究者

その他

原子力安全研究協会 研究参与、外部講師として、2011年、2012年放射線等に関する教育職員セミナーを担当

原子力安全研究協会ホームページ:https://www.nsra.or.jp/