グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > や行  > 山田 治基

山田 治基

職名整形外科教授
専攻・専門分野整形外科
主な担当科目整形外科一般、股関節外科学
関節リウマチ、軟骨代謝
所属学会日本整形外科学会、日本軟骨代謝学会
日本関節病学会、日本股関節学会
中部日本整形外科災害外科学会
リウマチの外科研究会、日本人工関節学会


メッセージ

整形外科医師が扱う運動器疾患は人口の高齢化が世界一のスピードで進む我が国においては、単に医療のみならず国民経済的にも重大な影響を与える可能性の高い疾患です。厚生労働省の行った平成16年度介護票による国民生活基礎調査では、国民が要支援となる原因として変形性関節症をはじめとする運動器疾患は老衰に次いで2位(17.5%)を占めています。我が国の平均寿命は男が約79才、女が約84才ですが、介護を必要としない健康寿命が平均寿命より6~8年、短くなる原因疾患として運動器疾患は大きな存在です。
 当教室では首から足先までの全身の運動器の疾患について、患者さんに適した手術方法の選択や時期、得られる効果について的確に説明できることを目標に卒前、卒後の教育を行っています。手術だけの知識に偏らず、健康管理からはじまり、理学療法、薬物療法など全てを理解したうえで、多様化する患者さんの要求に対して的確に説明できる知識を身につけて、個々の患者さんにあった治療選択ができる医師を育成することを目指しています。運動器疾患を扱うプロ集団として一生涯、追求すべき専門性を持ちながら、互いの専門を認め合える-そのような医師とそのような素養を持った医学生を育てていきたいと思っています。

略歴

1979年慶應義塾大学医学部 卒業
1993年防衛医科大学校整形外科 講師
1998年7月藤田保健衛生大学第二教育病院整形外科 助教授
2002年4月藤田保健衛生大学整形外科 教授

研究・業績

論文

  1. Osteogenic differentiation capacity of human skeletal muscle-derived progenitor cells. Oishi T, Uezumi A, Kanaji A, Yamamoto N, Yamaguchi A, Yamada H, Tsuchida K. PLoS One. 2013;8(2):e56641
  2. Novel approach to identifying autoantibodies in rheumatoid synovitis with a biotinylated human autoantigen library and the enzyme-labeled antigen method. Mizutani Y, Matsuoka K, Takeda H, Shiogama K, Inada K, Hayakawa K, Yamada H, Miyazaki T, Sawasaki T, Endo Y, Tsutsumi Y.J Immunol Methods. 2013 Jan 31;387(1-2):57-70
  3. Allograft bone transplantation for neuropathic arthropathy of the knee associated with type 1 diabetes mellitus. Date H, Hayakawa K, Yamada H.Knee. 2013 Jan;20(1):58-62
  4. Snapping knee due to the biceps femoris tendon treated with repositioning of the anomalous tibial insertion. Date H, Hayakawa K, Nakagawa K, Yamada H. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2012 Aug;20(8):1581-3.
  5. The effect of bisphosphonate and intermittent human parathyroid hormone 1-34 treatments on cortical bone allografts in rabbits.Yamamoto Y, Washimi Y, Kanaji A, Tajima K, Ishimura D, Yamada H. J Endocrinol Invest. 2012 Feb;35(2):139-45
  6. Ap53 gene mutation in malignant fibrous histiocytoma associated with bone infarction. Yamamoto, Y, Takakura Y, Yamada H, et al. Tohoku J Exp Med 225:215-220, 2011
  7. Osteoarthritis hip joints in Japan:Involvement of acetabular dysplasia. Jingushi S, Yamada H et al. J Orthop Science 16:156-164, 2011
  8. Characterization of human multicentric osteosarcoma using newly established cells derived from multicentric osteosarcoma. Yamamoto Y, Yamada H et al.J Cancer Res Clin Oncol. 137:423-433, 2011.
  9. Multiinstitutional epidemiological study regarding osteoarthritis of the hip in Japan. Jingushi Seiya, Yamada Harumoto, et al. J.Orthop Sci 15(5):626-631,2010.
  10. Analysis of interobserver reliability for radiographic staging of coxarthrosis and indexes of acetabular dysplasia: a preliminary study. Takatori Y, Ito K, Sofue M, Hirota Y, Itoman M, Matsumoto T, Hamada Y, Shindo H, Yamada H, Yasunaga Y, Ito H, Mori S, Owan I, Fujii G, Ohashi H, Mawatari T, Iga T, Takahira N, Sugimori T, Sugiyama H, Okano K, Karita T, Ando K, Hamaki T, Hirayama T, Iwata K, Matsuura M, Jingushi S; Investigation Group into Coxarthrosis and Acetabular Dysplasia in Japan. J Orthop Sci. 2010 Jan;15(1):14-9.
  11. Effect of intermittent treatment with human Parathyroid Hormone 1-34 in SAMP6 senescence-accelerated mice. Washimi Y, Chen H, Ito A, Takao R, Uzawa T, Yamamoto Y, Yamada H, Shoumura S. J Endocrinol Invest. 2010 Jun;33(6):395-400.
  12. Differentiation of adipose-derived stromal vascular fraction culture cells into chondrocytes using the method of cell sorting with a mesenchymal stem cell marker. Ishimura D, Yamada H, et al. Tohoku J Exp Med. 216:149-156,2008.
  13. Insufficiency fracture in the medial wall of the acetabulum after total hip arthroplasty. Kanaji A, Yamada H, et al. Journal of Arthroplasty 22(5):763-767,2007
  14. Effects of alfacalcidol on cancellous and cortical bone mass in rats treated with glucocorticoid: A bone histomorphometry study. Iwamoto J, Yamada H, etal. J Nutr Sci Vitaminol 53:191-197,2007
  15. Effects of alfacalcidol on cancellous and cortical bone mass in rats treated with glucocorticoid: A bone histomorphometry study. Iwamoto J, Yamada H, etal. J Nutr Sci Vitaminol 53:191-197,2007
  16. Intraarticular injection of high molecular weight hyaluronan for osteoarthritis of the knee - Prediction of the effectiveness with biological markers-. Sugimoto H , Yamada H, etal. J Rheumatology 33(12):2527-2531,2006
  17. Concurrent periosteal chondroma and enchondroma of the fibula mimicking chondrosarcoma. Yamamoto Y,Yamada H,etal. Skeletal Radiol 35:302-305,2006
  18. Comparative effects of alendronate and alfacalcidol on cancellous and cortical bone mass and bone mechanical properties in ovariectomized rats. Iwamoto J, Yamada H, et al. Exp.Anim. vol.55(4):357-367,2006
  19. Preventive effects of risedronate and calcitriol on cancellous osteopenia in rats treated with high-dose glucocorticoid. Iwamoto J, Yamada H, et al. Exp. Anim. vol.55(4):349-355,2006
  20. Therapeutic effect of risedronate on cancellous and cortical bone in ovariectomized osteopenic rats: a comparison with the effects of alfacalcidol. Iwamoto J, Yamada H, et al. Exp. Anim. vol.55(4):333-342,2006
  21. Intraarticular injection of high molecular weight hyaluronan for osteoarthritis of the knee - prediction of effectiveness with biological markers.Sugimoto H, Yamada H, Terada N, Kanaji A, Kato S, Date H, Ichinose H, Miyazaki K.J Rheumatol. 2006 Dec;33(12):2527.
  22. Effects of risedronate on lumbar bone mineral density, bone resorption, and incidence of vertebral fracture in elderly male patients with leprosy.Kanaji A, Higashi M, Namisato M, Nishio M, Ando K, Yamada H.Lepr Rev. 2006 Jun;77(2):147-53.

その他

 整形外科が扱う運動器疾患は広い領域に及ぶため、当科では専門の診療技術を持ったチーフを各セクションごとに設置し、時代の先端をいく実地診療を行っています。教育面では、良識ある診療を実現するために現場教育主義を教室の基本方針としています。専門的な技術を持った医師による治療および教育指導ができるような組織、環境作りに努めています。
 整形外科は股関節班、膝・リウマチを含めた下肢班、脊椎・脊髄外科班、手の外科班、骨軟部腫瘍班などの診療グループに分かれ、年間1000例近い手術を行っております。主な手術として人工股関節置換術、人工膝関節置換術をあわせて年間約200件、脊柱管拡大術を約40件、下肢骨折手術を約100件、人工指関節置換術、人工肘関節置換術を約15件、骨軟部腫瘍手術を約80件行っております。医学部学生には、臨書実習の期間中、これらの手術症例を各自で受け持ち、手術適応の決定、手術、術後の管理までを指導医とともに収得することを目標としています。
 本学は文部科学省「21世紀医学COE」“超低侵襲標的化診断治療法の開発”研究拠点として採択されていた関係で、整形外科学教室も、できるだけ患者さんへの侵襲の少ない治療法に重点をおいて臨床を行っています。たとえば、人工股関節置換術は整形外科における手術のなかで最も成功した手術法ですが、我が国ではその流れはMIS法(Minimally Incision Surgery)にシフトしています。MISは在院日数の短縮に加え、患者さんへの侵襲や術後の筋力低下を最小限にとどめられるという大きな利点があるため、我が国でも盛んとなっています。当科では、MIS法に関する研究を詳細に行っております。  
 運動器疾患は高齢者に多く基礎疾患、合併症が多いため、他科との連携が重要です。リウマチ疾患の場合、膠原病内科との密接な連携をとっております。またリハビリ科とも、非常に綿密な協力体制をとっています。関節リウマチ患者さんの上肢機能の再建はQOL改善のため重要な分野ですが、当科では人工肘関節や人工指関節などの高度な技術を要求される手術にも積極的に取り組んでいます。また人工股関節置換術を控えた患者は外来段階でリハビリ科を数度、受診し、術前リハビリとして筋力測定や歩行分析を実施、担当の理学療法士に術後のリハビリをオーダーメイドで組み立ててもらっています。