グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > や行  > 八谷 寛

八谷 寛

職名教授
専攻・専門分野公衆衛生学
主な担当科目公衆衛生学
所属学会日本疫学会、日本産業衛生学会、日本公衆衛生学会
東海公衆衛生学会、日本循環器病管理研究協議会
American Heart Association
日本肥満学会
International Epidemiological Association


メッセージ

本学の教育目標である「リサーチマインド豊かな良き医療者の育成」を実現するための衛生学・公衆衛生学教育を、衛生学教室と協力して実践しています。公衆衛生学では、医師として患者さんやそのご家族の生活を支援していく上で重要な社会的制度や考え方を体系的に扱います。病気に関する知識だけではなく、病気や苦しみを持つ人の生活する家庭や社会に目を向け、それらの社会的な側面を十分に理解できる医師の育成に努めたいと考えています。また、病気を予防し、健康を増進させるための制度や社会的な取り組みについても系統的に学びます。症状を持って自分のもとを訪れる人だけでなく、疾病の予防や社会全体の健康水準向上のためにできることは何かを考え、行動できる医師を一人でも多く輩出することが目標です。今後、時代は大きく変化していき、社会制度の変革も避けられないと予想されます。時代の変化に対応できる高い質と思いやりのある人間性を持った医師育成に社会医学的立場から貢献したいと考えています。
 
現在、公衆衛生学教室では、生活習慣病・心血管疾患発症予防に関する疫学研究、作業関連性運動器障害、産業疲労・産業ストレス要因、メンタルヘルス、健康関連尺度の開発などのような課題に、取り組んでいます。これらの研究課題にともに取り組む研究意欲のある大学院生を募集しています。医学部以外の出身者も歓迎いたします。研究に興味がある学生の皆さんの参加も期待しています。
研究活動において特に重視したいことは、研究を通した実務者の育成です。科学論文作成という一連の過程を経ることで、公衆衛生活動に主体的かつ科学的に関わることができる者を育てていきたいと考えます。皆さんからの連絡をお待ちしています。

研究を開始するにあたって、どのような健康上の問題、あるいは要因に注目して研究するかは、本人の興味、当該研究領域の動向を踏まえディスカッションして決定します。検討の方法や、結果については、ディスカッションを重ね、学術雑誌に論文として投稿できるようまとめます。多くの場合、検討は生物統計学の知識の取得や、運用能力の向上と並行して進むことになります。一連の検討が終了する頃には、SPSS やSAS などの統計ソフトをある程度使いこなせるようになっていると思います。検討結果については、適宜ディスカッションを重ね、学術雑誌に論文として投稿できるようまとめます。投稿はほとんどの場合、英語によります。論文の執筆にあたっては、過去の研究成果を検索する力、それらを多くの時間をかけずに読みこなす力、自分自身の検討結果を過去の研究成果に積み重ねて評価できる力、そして文章力の鍛錬が必要になります。課されたタスクを決められた時間内に達成する力を身につけることも極めて重要です。

進路選択に迷っているような場合でも、フィールド調査や疫学的な方法論を集中して身につけることはとても有意義なことです。気軽に話をしにきてください。

略歴

1996年3月名古屋大学医学部医学科卒業
1996年5月半田市立半田病院
2000年4月名古屋大学大学院医学研究科社会医学博士課程 中退
2000年5月名古屋大学大学院医学系研究科 助手
2004年6月名古屋大学大学院医学系研究科 助教授
 (2007年 4月より准教授に呼称変更)
2008年9月~2010年8月米国ミネソタ大学公衆衛生大学院 Visiting Associate Professor
2012年7月藤田保健衛生大学医学部 教授

研究・業績

研究テーマ

勤労者を対象としたコホート研究に参画し、予防活動を実践しています。また、いくつかの国内、国際共同研究(JALS研究、JPHC研究、JACC研究、NIPPON DATA、ARIC研究、CKD-PC、Look AHEAD研究など)に関わっています。代表的な研究は、愛知県内のある職域(公務員)を対象に、平成9 年から実施しているコホート研究です。具体的には、まだ疾病を発症していない健康な人たちを対象に、生活習慣や検査成績などを研究の開始時に調べます。そして、その後の疾病発症状況を長期間にわたって調べ、調査開始時のどのような特徴が、疾病の発症と関係したのかを統計学的な手法を用いて検討しています。

愛知職域コホート研究
http://koei-nagoya.blogspot.jp/
JALS研究 「日本人集団におけるBMIと脳卒中・心筋梗塞のリスク」
http://jals.gr.jp/result/2010_3_498-505.html
JPHC研究 「リスク因子による個人の脳卒中発症の予測システム」
http://epi.ncc.go.jp/jphc/720/3285.html

資格

  • 日本公衆衛生学会認定専門家
  • 日本医師会認定産業医

受賞歴

  • Journal of Epidemiology Distinguished Reviewer(2011)
  • 日本疫学会 奨励賞(2007)
  • 日本社会医学会 奨励賞(2007)
  • 名古屋大学医学部医学科ベストスマイル賞(2007年3月卒業生から)

その他

  • 公的委員会委員
    国立長寿医療研究センター 倫理・利益相反委員会 委員

  • 学会役員
    日本疫学会 評議員
    日本産業衛生学会 代議員
    日本産業衛生学会東海地方会 理事
    日本循環器病管理研究協議会 評議員
    東海公衆衛生学会 評議員

  • 学術雑誌編集委員
    Journal of Occupational Health, Associate Editor
    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Associate Editor