グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医学部医学科  > や行  > 吉村 陽子

吉村 陽子

職名教授
専攻・専門分野形成外科学
主な担当科目形成外科
所属学会日本形成外科学会評議員
 平成19年4月~23年3月:日本形成外科学会理事
 平成19年4月~21年3月:専門医生涯教育委員長
 平成21年4月~日本形成外科学会倫理委員会委員
 平成21年4月~平成23年3月:日本形成外科学会専門医統会議委員
 平成23年4月~日本形成外科学会女性支援ワーキンググループ委員長
 平成23年4月~日本形成外科学会制度検討委員会委員
日本口蓋裂学会理事・評議員
 平成23年5月~学会誌編集委員長、
日本頭蓋顎顔面外科学会評議員 学会誌編集委員、
日本創傷治癒学会評議員
 平成21年12月~理事
 平成21年5月~日本創傷外科学会評議員、
米国形成外科学会連絡会員、


メッセージ

形成外科は命にかかわらない疾患を扱いますが,人が社会的に存在するために重要な体表の形態的機能的異常を修復し,quarity of life(QOL:生命・生活の質)を改善する科です。また,すべての外科に共通する創傷治癒の概念を学んでいただくために重要な役割を果たしています。学生時代にはその重要性がなかなかわかっていただけないかもしれませんが。

略歴

1969年3月日本女子大学附属高等学校卒業
1969年4月慶應義塾大学医学部入学
1975年3月慶應義塾大学医学部卒業
1975年5月慶應義塾大学医学部形成外科学教室 研修医
1975年7月(免許)医籍登録 第228302号
1976年6月一般外科研修(慶応義塾大学病院他)
1979年7月慶應義塾大学医学部形成外科学教室 助手
1981年4月慶應義塾大学医学部形成外科学教室 医長
1982年11月名古屋(現藤田)保健衛生大学医学部外科学助手(形成外科担当)
1982年11月慶應義塾大学医学部形成外科 兼任講師(1984年3月まで)
1983年3月(学位)医学博士 慶応義塾 1416号
1984年4月アメリカ合衆国Pennsylvania大学病院visiting fellow
1984年8月アメリカ合衆国 Maryland州Johns Hopkins大学visiting fellow
1985年4月藤田学園(現藤田)保健衛生大学医学部外科学助手(形成外科担当)に復職
1985年12月藤田学園保健衛生大学医学部外科学 講師(形成外科担当)
1988年4月藤田保健衛生大学形成外科学教室開設に伴い、同教室講師
1990年9月藤田保健衛生大学形成外科学教室 助教授
1998年12月藤田保健衛生大学形成外科学教室 教授 現在にいたる
2003年4月東海医療科学専門学校(言語聴覚科)非常勤講師兼務

研究・業績

研究テーマ

口唇口蓋裂の集学的総合治療

資格・免許

  • 昭和56年3月 日本形成外科学会認定専門医 第80-0208号
  • 平成8年4月  臨床修練指導医(第1837号)

社会活動

  • 平成13年4月 厚生労働省 疾病・障害認定審査会委員(平成23年3月まで)
  • 平成20年5月 愛知県医師会 男女共同参画委員会委員