第6回 ホルモンと癌研究会

当番世話人 藤田保健衛生大学医学部生化学講座
原田信広

日 時  平成17年7月15日(金)、16日(土)
会 場 名古屋ガーデンパレス
名古屋市中区錦3丁目11−13
TEL 052 (957) 1022

講演会場 2階 「鼓」
幹 事 会 15日 12:00−12:50 5階 「梅」
懇 親 会 15日 19:30−21:00 2階 「翼」

事 務 局  〒470−1192 
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1−98
藤田保健衛生大学医学部生化学講座
TEL: 0562(93)2451 FAX: 0562(93)1193
E-mail: biochem@fujita-hu.ac.jp

***********************************
交通のご案内

<地下鉄ご利用の場合>
栄@番出口(西出口)から直進2つ目信号を左折、徒歩5分(東山線・名城線)
久屋大通C番出口より徒歩5分(名城線・桜通線)
伏見@番出口より徒歩8分(東山線・鶴舞線)
丸の内D番出口より徒歩5分(桜通線・鶴舞線)

<お車でお越しの場合>
名古屋駅より桜通を東へ直進、桜通本町を右折、2本目を左折すぐ(約7分)
名古屋インターチェンジより西へ約30分(11km)広小路本町を右折3本目を右折すぐ 

※ホテルの駐車場(有料)が満車の場合がございます。その際、周辺の駐車場(有料)をご利用頂くことになりますので、予めご了承ください。

***********************************

研究会参加者へのお知らせ

受付ならびに参加費
1. 当日午前11時30分より受付を開始します。
2. 参加登録費(5000円)と引き換えに領収書兼用の名札をお渡ししますので、所属・氏名をご記入の上、ご着用ください。

ワークショップおよびシンポジウム演者の皆様へ
1. ワークショップの口演時間は8分、討論時間は4分です。
2. シンポジウムの口演時間は20分、討論時間は10分です。
3. 発表はPC (Windows/Macintosh)でお願いします。
4. 発表資料はPowerPointで作成して頂き、USBメモリーまたはCD-Rに記録してお持ちください。また、ご自身のパソコンをお持ち頂いても結構です。その際、液晶ビデオプロジェクター接続用のコード(ミニD-Sub15ピン接続対応)をご用意しておりますが、コンピュータとの接続に専用のアダプター(パソコンの付属品)が必要な場合は、必ずご持参ください。
5. 演者は発表30分前までに受付し、インストールと試写を行なってください。
6. 次演者は所定の席にご着席ください。
7. 討論は座長の指示に従ってください。

************************************

日程
7月15日(金)
12:00〜12:50 幹事会   会場:梅
12:50〜13:00 開会の挨拶 原田信広 会場:鼓
13:00〜14:00 ワークショップI 「前立腺癌」1〜5
座長:市川智彦
14:00〜14:36 ワークショップII「子宮内膜癌」6〜8
座長:玉舎輝彦
14:36〜15:12 ワークショップIII「癌の治療と解析」9〜11
座長:生水真紀夫
15:12〜15:30 休憩  
15:30〜16:18 ワークショップIV「乳癌I」12〜15  
座長:三好康雄
16:18〜17:18 ワークショップV 「乳癌II」16〜20  
座長:岩瀬弘敬
17:18〜18:06 ワークショップVI 「乳癌III」21〜24  
座長:内海俊明
18:06〜18:15 休憩  
18:15〜19:15 特別講演
「The regulation and inhibition of oestrogen synthesis in breast cancer」
  Prof. Mike J. Reed
(Imperial College, London, UK)  
    座長:原田信広  
19:20〜21:00 懇親会   会場:翼

7月16日(土)
9:00〜11:50 シンポジウム     共催:アストラゼネカ株式会社
「ホルモン代謝酵素と腫瘍」  会場:鼓

座長:林 慎一  
   並木幹夫

シンポジスト : 

笹野公伸
Dr. A. Purohit  
野口眞三郎  
伊藤 潔  
高 栄哲  

11:50〜12:00 閉会の挨拶 原田信広  

***********************************

7月15日(金)
ワークショップ I 「前立腺癌」(13:00−14:00)
座長 市川智彦(千葉大学大学院遺伝子機能病態学)

1. 前立腺癌のアンドロゲン非依存性癌への進展におけるInsulin-like growth factor binding protein-3の意義
千葉大学遺伝子機能病態学 小島聡子

2. 内分泌療法施行中の転移性前立腺癌患者における血清クロモグラニンA値の経時的変化
千葉大学・腎・泌尿器・男性科 小宮顕

3. 新規アンドロゲン依存性前立腺癌 Xenograft は抗アンドロゲン剤ビカルタミドにて増殖刺激を受ける
京都大学泌尿器科 清川岳彦

4. 前立腺癌組織マイクロアレイを用いたPSA再発の予測式の作成
京都大学泌尿器科 清水洋祐

5. 前立腺癌の予後因子としてのBMIに関する検討
筑波大学泌尿器科 河合弘二

ワークショップ II 「子宮内膜癌」(14:00−14:36)
座長 玉舎輝彦(岐阜大学医学部女性生殖器学)

6. 選択的COX-2抑制剤とMEK inhibitor による新しい子宮内膜癌治療法開発の試み
岐阜大学女性生殖器学 丹羽憲司

7. 子宮類内膜腺癌における核内転写因子DAX-1の発現に関する検討
東北大学産婦人科 斎藤純香

8. 子宮内膜癌におけるPeroxisome Proliferator-activated Receptor gについての検討
東北大学産婦人科 太田恭子


ワークショップ III 「癌の治療と解析」(14:36−15:12)
座長 生水真紀夫(金沢大学産婦人科)

9. 骨転移を有する悪性褐色細胞腫に対する131I-MIBG内照射と広範囲腫瘍摘出術の経験
群馬大学臓器病態外科 鯉淵幸生

10. HDAC阻害剤のアロマターゼ発現に及ぼす影響
金沢大学産婦人科 可西直之


11. 60merマイクロアレイを使った癌における染色体のコピー数変化領域の同定
横河アナリティカルシステムズ 登内未緒


ワークショップ IV 「乳癌I」(15:30−16:18)
座長 三好康雄(大阪大学乳腺内分泌外科)

12. 乳癌転移巣におけるaromatase, STS, 17β-HSD1 mRNA発現量の検討
大阪大学乳腺内分泌外科 伊良原なつ美

13. ヒト乳癌細胞及び周囲間質細胞におけるaromataseの発現
東北大学病理診断学 三木康宏

14. 高齢者乳癌におけるエストロゲン代謝酵素群の解析
東京都老人研究所高齢者癌ゲノム 本間尚子

15.


ワークショップ V 「乳癌II」(16:18−17:18)
座長 岩瀬弘敬(熊本大学乳腺内分泌外科)

16. 乳癌培養細胞株 MDA-MB-231においてカルシトニンは urokinase-type plasminogen activator 系を抑制する
和歌山県立医科大学病理学 中村美砂

17. 乳癌の微少環境によるエストロゲン受容体の活性化と増殖促進作用
埼玉県立がんセンター臨床腫瘍研究所 山口ゆり

18. 乳癌細胞におけるestrogen receptor (ER) と steroid and xenobiotic receptor (SXR) の相互作用
群馬大学臓器病態外科 六反田奈和

19. 乳癌組織におけるIGFBP4およびIGFBP5の発現の検討
名古屋市立大学乳腺内分泌外科 三田圭子

20. エストロゲンレセプター陽性乳癌におけるStat5の発現の意義
名古屋市立大学乳腺内分泌外科 山下啓子


ワークショップ VI 「乳癌III」(17:18−18:06)
座長 内海俊明(藤田保健衛生大学医学部乳腺外科)

21. アロマターゼ阻害剤の効果ならびホルモン受容体の変化に関する検討
藤田保健衛生大学医学部乳腺外科 小林尚美

22. 進行・再発乳癌に対する高用量Toremifenの使用経験
熊本大学乳腺内分泌外科 山本 豊

23. 長期予後からみた乳癌ホルモンレセプター発現と術後内分泌療法との関連
癌研究会癌研究所乳腺病理部 堀井理絵

24. 乳癌におけるAndrostendiolの増殖効果
藤田保健衛生大学医学部生化学 吉村憲子


特別講演(18:15−19:15)
座長 原田信広(藤田保健衛生大学)

The regulation and inhibition of oestrogen synthesis in breast cancer
Endcrinology and Metabolic Medicine, Faculty of Medicine, Imperial College, St. Maryユs Hospital, London, UK
Prof. Mike J. Reed

7月16日(土)
シンポジウム (9:00−11:50) 共催:アストラゼネカ株式会社
「ホルモン代謝酵素と腫瘍」 
座長 林 慎一(東北大学医学部保健学科)

並木幹夫(金沢大学大学院集学的治療学)


1. 腫瘍内ホルモン代謝酵素 ーEndocrinologyからIntracrinologyへの概念の転換ー
東北大学大学院病理診断学 笹野公伸

2. Steroid sulphatase in breast cancer
Imperial College, London, UK Dr. A. Purohit

3. 乳癌組織におけるAromatase, Sulfatase, 17b-HSD1 mRNA発現と臨床病理学的特徴の解析
大阪大学大学院乳腺・内分泌外科学 野口眞三郎

4. 子宮内膜癌におけるホルモン代謝酵素の発現
東北大学産婦人科 伊藤 潔

5. 前立腺癌とホルモン代謝酵素
金沢大学大学院集学的治療学 高 栄哲