グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  事業内容

事業内容


ごあいさつ

藤田保健衛生大学 研究支援推進センター長 岩田仲生

高い自殺率、職域での精神神経疾患の急増は進行する高ストレス社会状況に十分対応できていない証左であり、こころの健康の維持およびうつ病等の精神疾患の克服は喫緊の課題となっています。他方、精神神経疾患は脳の機能障害に起因しているが脳の構造・機能の異常と疾患との関係は不明な部分が多く、他臓器の疾患に比べ、予防・診断・治療法の開発が著しく遅れています。
 本ブランディング事業では、本学の建学の理念である「独創一理」のもと、全学的な取り組みにより、精神神経疾患に対する客観的バイオマーカー・非侵襲的な脳画像診断による診断や症状評価、病態生理に基づいた治療薬・フィトケミカルの開発を行うことで、成長戦略に大きく寄与する精神神経疾患克服を目指します。本成果とこれまでの研究成果の融合は、藤田保健衛生大学のブランディングを「世界の臨床研究をリードする精神神経疾患の最先端研究拠点大学」として打ち出すものになります。

ブランディング事業イメージ図