グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  事業成果 >  ブランディング事業国際シンポジウム(国際トリプトファン学 会2018との共催)

ブランディング事業国際シンポジウム(国際トリプトファン学 会2018との共催)


会 期 2018年9月18日(火)から21日(金)
会 場 滋賀県立大学・ホテル彦根キャスルリゾート&スパ
会 頭 齋藤邦明(藤田保健衛生大学大学院医療科学専攻・教授)
主 催 INTERNATIONAL SOCIETY FOR TRYPTOPHAN RESEARCH
共 催 藤田保健衛生大学ブランディング事業・医薬品適正使用推進機構(J-DO)など
国際トリプトファン学会2018(ISTRY2018: 会期 9/18–21, 会頭 齋藤邦明教授)のセッションNeuroscienceにて藤田保健衛生大学ブランディング事業国際シンポジウムを共催いたします。
本セッションは、ブランディング事業「高ストレス社会を克服する『精神神経疾患の最先端研究開発拠点大学』としてのブランド確立」において注目する、トリプトファン代謝のうつ病をはじめとする精神疾患への関与についての演題内容で、座長は本学の鍋島俊隆客員教授が行います。皆様のご参加・活発な議論を期待しております。
Thursday, September 20, 2018 10:00-11:35 Session 3, Track: Neuroscience
Chair: Sophie Erhardt (Karolinska Institutet) & Toshitaka Nabeshima (Fujita Health University)
Speaker:
Florian Zepf (The University of Western Australia)Tryptophan & serotonin from a child & adolescent psychiatrist’s perspective
-clinical and research implications-
Sophie Erhardt (Karolinska Institutet)
Role of kynurenic acid in psychotic disorders
Robert Dantzer (The University of Texas MD Anderson Cancer Center)
What role does the kynurenine pathway play in inflammation-induced depression?
Hyoung-Chun Kim (Kangwon National University)
Role of IDO-1 gene in the neuropsychotoxic condition
Akihiro Mouri (Fujita Health University)
詳細・申込み:http://www.istry2018.com/をご覧ください