グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  センター概要 >  学術研究支援推進施設

学術研究支援推進施設


このエントリーをはてなブックマークに追加

情報教育センター棟 7F
学術研究支援推進室

 藤田保健衛生大学病院では、新しい医薬品や医療機器の承認申請を目的とした臨床試験(治験)、および販売後の有効性や安全性の確認のための臨床試験(製造販売後臨床試験)を行っております。
 治験や製造販売後臨床試験は、藤田保健衛生大学病院 治験審査委員会(IRB)(※)において、試験内容が十分に審査され、実施の承認を得て行うなど、国(厚生労働省)が定めたルールに従って厳格に行われます。また当院のIRBでは、医薬品や医療機器の販売後の有効性や安全性の調査(製造販売後調査)の実施内容についても倫理的な側面から審議が行われます。
 研究支援推進センターは、高度な医療の推進および治験・製造販売後臨床試験の適正かつ円滑な実施を支援するために、2012年に設立されました。研究支援推進センターでは、IRBに関する事務局業務、治験・製造販売後臨床試験等の実施を支援する臨床研究コーディネーター(CRC)業務、治験依頼者の治験相談や実施調査を支援する渉外業務を行っており、GCPに遵守した倫理性・科学性及び医学的妥当性を確保した質の高い治験の推進を目指しています。
 ※治験の内容が、倫理的、科学的および医学的妥当性の観点から問題がないかを審議する委員会。審査委員は、医学・薬学・その他の医療に関する専門家、専門家以外の人、病院および病院長と利害関係のない人で構成されています。

お問い合せ先

学術研究支援推進施設
TEL:0562-93-2139
Mail:aca-rspf@fujita-hu.ac.jp