グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  センター概要 >  疾患モデル教育研究施設

疾患モデル教育研究施設


このエントリーをはてなブックマークに追加

医療の発展に貢献する研究を支援します

疾患モデル教育研究施設は、医学および医療系大学に欠かせない疾患モデルを用いた研究をおこなう機関として設立されました。
施設内では、ヒトの病気のメカニズム解明や治療法の開発に欠かせない疾患モデル動物が環境の制御された飼育室で維持・繁殖されています。臨床分野に直ちに応用できる最新の実験機器として、動物用の3DマイクロX線CT撮影装置、血圧計、麻酔器などが設備されています。また、培養細胞室、受精卵に遺伝子導入できる胚操作室や行動解析室などに高度な基礎研究をおこなうことができる機器が整備されており、国際的な研究が数多くおこなわれています。
加えて教員が医療への貢献をめざす学生に講義(関係法規や動物科学に関する知識)と実習(適切な疾患モデル動物の取扱い)をおこなっています。

疾患モデル教育研究施設ホームページでは、より詳しい情報を公開しています。

詳しい情報を知りたい方はこちら(別ウィンドウで開きます)