グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  患者さんへ

患者さんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

治験・臨床試験とは

化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、試験管の中での実験や動物実験により、病気に効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。人での有効性や安全性について調べる事を「臨床試験」と言います。その中でも国(厚生労働省)から「くすり」として認めてもらうために行われる試験のことを「治験」といいます。(厚生省ウェブサイトから引用)

CRCとは

臨床研究コーディネーター(CRC:Clinical Research Coordinator)は、治験や臨床研究に参加される患者(被験者)さんの人権や安全性を守り、円滑に治験や臨床研究をすすめるために、医師の指導・監督のもとでサポートを行っています。また、治験や臨床研究に関する様々な業務の調整も行います。当院では、看護師、薬剤師、臨床検査技師等がCRCとして活動しています。

当院で実施中の主な治験・臨床研究

がん治療補助療法としての治験

対象疾患 概要 実施期間
-- -- --

実施中の主な臨床研究(先進医療B)

対象疾患 概要 実施期間
乳がん 乳がんに対するホルモン療法単独と、ホルモン療法・S-1内服療法併用との比較 ~2020年1月