グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  知財関連 >  コラム・情報 >  「特許制度」について

「特許制度」について


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業の発達を促します

  特許制度は、新しい技術(発明)を公開した者に対し
  その代償として一定期間、一定の条件の下に発明を独占的に実施する権利を付与し(発明の保護)、
  他方、第三者に対しては、この公開された発明を利用する機会(発明の利用)を与えるものであります。


発明の定義について

  特許法で「自然法則を利用とした技術的思想の創作のうち高度のもの」とされております(特許法2条)。
  従って「発明は創作」になります。
  つまり、最初に気がついた(例えば発見等)ことは、創作ではありませんので、発明に該当しません。
  発見に基づく創作(物や方法等)である必要があります。