グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  科学技術振興機構 >  超高齢社会における高齢者のケアと支援のためのICT

超高齢社会における高齢者のケアと支援のためのICT


このエントリーをはてなブックマークに追加

共同研究の募集対象

 本研究交流は、日本と台湾の間で、募集分野における研究交流を実施することにより、我が国の科学技術の将来の発展に資することを目的としています。
 JSTは、台湾の研究費配分機関である台湾科学技術部(MOST:Ministry of Science and Technology)と協力して、日台の研究交流を推進するための共同ファンドプログラムとして、「超高齢社会における高齢者のケアと支援のためのICT」分野で日本と台湾の共同研究チームによる共同研究交流課題の公募を行います。
 具体的には、両機関が協力して、比較的小規模な共同研究(日台双方の研究者の派遣・招聘やシンポジウム・セミナー等の開催を含みます)を支援することを予定しています。

募集期間

 平成29年11月1日(水)~平成30年1月15日(月)午後5時
 ※学内締切:平成30年1月6日(月)
 ※上記日付までにe-Radで電子申請を行い、補助金等申請願(研究計画書等1部 を添付)
  を事務部まで提出してください。

申請方法

・日本側研究者は府省共通研究開発管理システム(e-Rad)へ申請登録を行ってください。
・e-Rad登録時には「申請様式」の提出が必要となります。e-Radによる応募の詳細については、
 「募集要項」に添付の「e-Radによる応募方法」をご覧ください。
・日本側研究者はJSTに対し、台湾側研究者はMOSTに申請してください。台湾の相手側研究者から
 MOSTに同様の提案申請がなされない場合は、審査の対象となりません。
 (注)e-RadのWEB上の登録について
  ・研究交流課題名:日本語で研究交流課題名をご記入ください。
  ・研究目的:日本語で150字程度で記入してください。
  ・研究概要:日本語で800字程度で記入してください。
  ・申請様式:容量は10MB以下としてください。
・必要書類のダウンロード
本学における公的研究費等の応募要件として、研究関連教育の受講が必須となっております。
下記URLより内容を確認の上、受講願います。
http://www.fujita-hu.ac.jp/~c-trial/gakunai/seminar/education/index.html

応募要件

 ・応募の際には「申請様式」内の確認書も必ずe-Rad上にて提出してください。
 ・申請者となる日本側研究者は、研究倫理に関する教育プログラムを修了していることが応募要件となります。
  修了していることが確認できない場合は、要件不備となりますのでご注意ください。

支援の内容

 研究交流課題が採択された場合、日本側研究者は3年間で1,200万円を上限とする委託研究費を受け取ることができます。
 上記の委託研究費として直接経費の10%を上限とする間接経費を申請することができます。詳しくは募集要項をご覧ください。

URL

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究費管理課
 TEL:0562-93-2906
 Mail:kenkanri@fujita-hu.ac.jp