グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  日本医療研究開発機構 >  平成30年度「女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise」に係る公募について

平成30年度「女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise」に係る公募について


このエントリーをはてなブックマークに追加

事業内容

近年の女性の就業等の増加、晩産化・少産化、平均寿命の伸長等に伴う様々な問題が存在し、現代の女性の健康に関わる問題は大きく変化しています。一方、近年成立した「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年8月28日成立、平成29年3月31日改正)にもあるように、女性の個性と能力を十分に発揮し、職業生活において活躍することが期待されています。
本事業では、女性がより良い生涯を送るために必要な健康を提供できるような社会創成を目的とし、人生の各段階に応じてその心身の状況が大きく変化する女性の一生のステージごとの健康や疾患について、心身における性差も加味し、かつライフステージの軸で多面的に包括的にとらえ、病態の解明と予防および治療に向けた研究開発とその実用化を推進します。
なお、周産期の母子の課題については成育疾患克服等総合研究事業で行います。

事業の案内ページ
女性の健康の包括的支援実用化研究事業
公募課題番号 分野等、
公募研究開発課題名
研究開発費の規模 研究開発実施
予定期間
新規採択
予定件数
女性特有
の疾病に
関する研究
月経関連疾患、更年期疾患、就労女性の心身の健康問題等についての研究開発 1課題当たり年間5,000~20,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
平成30年度~
平成32年度
0~3課題程度
子宮・卵巣等に関する疾病および健康課題についての研究開発 1課題当たり年間10,000~20,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
平成30年度~
平成32年度
0~2課題程度
男女共通課題のうち特に女性の健康に資する研究 若年女性の心身に視点を置いた研究開発 1課題当たり年間10,000~20,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
平成30年度~
平成32年度
0~2課題程度
性差による発症メカニズム等の差異に関する研究開発 1課題当たり年間10,000~20,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
平成30年度~
平成32年度
0~3課題程度
学内締切 2017年11月28日(火)
※上記日付までにe-Radで電子申請を行い、補助金等申請願(研究計画書等1部 を添付)を各学部の事務部・事務室まで提出してください。
研究関連教育の受講 本学における公的研究費等の応募要件として、研究関連教育の受講が必須となっております。
下記URLより内容を確認の上、受講願います。
http://www.fujita-hu.ac.jp/~c-trial/gakunai/seminar/20170401/index.html
スケジュール 対象業務 日程
公募受付 平成29年11月2日(木)~12月4日(月)正午
書面審査 平成29年12月上旬~平成30年1月上旬(予定)
ヒアリング審査 平成30年1月24日(水)(予定)
交付決定 平成29年3月中旬(予定)
府省共通研究開発管理システム(e-Rad)によってご応募ください。
URL https://www.amed.go.jp/koubo/04/02/0402B_00199.html
e-Rad URL http://www.e-rad.go.jp/e-rad_portal/jigyolist/details/details/details/K020750/

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究費管理課
 TEL:0562-93-2906
 Mail:kenkanri@fujita-hu.ac.jp