グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  日本医療研究開発機構 >  平成30年度 「革新的がん医療実用化研究事業」に係る公募(1次公募)について

平成30年度 「革新的がん医療実用化研究事業」に係る公募(1次公募)について


このエントリーをはてなブックマークに追加

事業内容

革新的がん医療実用化研究事業は、研究成果を確実に医療現場に届けるため、応用領域後半から臨床研究領域にて、革新的な診断・治療等、がん医療の実用化をめざした研究を協力に推進することにより、がんの本態解明からこれに基づく革新的な治療薬や診断・予防のためのバイオマーカー等の開発・実用化を目的とした研究の加速化を目指します。

事業の案内ページ
革新的がん医療実用化研究事業
(領域1)がんの本態解明に関する研究
領域 公募課題 研究開発費
(1課題当たり年間)
研究開発実施
予定期間
新規採択
課題予定数
1-1 がんの最適医療(Precision Medicine)の実現に資するゲノム異常及びバイオマーカーの同定と臨床的有用性の検証 15,000~23,000 千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~4課題
程度
1-2 がんネットワークの臨床的意義の理解に基づく医療シーズの開発研究 15,000~23,000 千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~4課題
程度
(領域2) がんの予防法や早期発見手法に関する研究
領域 公募課題 研究開発費
(1課題当たり年間)
研究開発
実施予定期間
新規採択
課題予定数
2-2 個人の発がんリスクや特性に応じたリスク低減手法の開発に関する研究 8,000~31,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
2-4 がんの予防法や新たな検診手法の実用化をめざした大規模疫学研究 31,000~77,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
(領域3)アンメットメディカルニーズに応える新規薬剤開発に関する研究
領域 公募課題 研究開発費
(1課題当たり年間)
研究開発
実施予定期間
新規採択
課題予定数
3-1 革新的がん診断・治療薬の実用化に向けた非臨床試験 38,000~77,000 千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~5課題
程度
3-2 日本発の革新的がん診断・治療薬の実用化に関する臨床研究 38,000~77,000 千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~4課題
程度
3-3 革新的がん診断・治療薬の適応拡大等をめざした臨床研究 38,000~77,000 千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~3課題
程度
(領域4)患者に優しい新規医療技術開発に関する研究
領域 公募課題 研究開発費
(1課題当たり年間)
研究開発
実施予定期間
新規採択
課題予定数
4-1 転移・再発例等に対する革新的バイオマーカーを用いた診断技術の確立と実用化に関する研究 8,000~15,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
4-2 画像技術とバイオマーカーの組み合わせによる分子イメージングの開発研究 8,000~15,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
4-3 最先端技術の応用による放射線療法の低侵襲化をめざした新規医療技術の開発研究 8,000~15,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
4-4 次世代の革新的新規医療機器開発の有効性・安全性に関する研究 8,000~19,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
(領域5)新たな標準治療を創るための研究
領域 公募課題 研究開発費
(1課題当たり年間)
研究開発
実施予定期間
新規採択
課題予定数
5 治療の有効性、安全性や患者のQOL の向上をめざした新たな標準治療開発のための多施設共同臨床試験 8,000~15,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~4課題
程度
(領域6)ライフステージやがんの特性に着目した重点研究
領域 公募課題 研究開発費
(1課題当たり年間)
研究開発
実施予定期間
新規採択
課題予定数
6-1 小児がん、AYA世代のがんの標準的治療法の開発に関する臨床研究 8,000~15,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
6-2 希少がんの標準的治療法の開発に関する臨床研究 8,000~15,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
6-2 高齢者のがんに関する臨床研究 8,000~15,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
6-4 難治性がんの標準的治療法の開発に関する臨床研究 8,000~15,000千円
(間接経費を含まず)
原則3年度
平成30年度~平成32年度
0~2課題
程度
学内締切 2017年11月30日(木)
※上記日付までにe-Radで電子申請を行い、補助金等申請願(研究計画書等1部 を添付)を各学部の事務部・事務室まで提出してください。
研究関連教育の受講 本学における公的研究費等の応募要件として、研究関連教育の受講が必須となっております。
下記URLより内容を確認の上、受講願います。
http://www.fujita-hu.ac.jp/~c-trial/gakunai/seminar/20170401/index.html
スケジュール 対象業務 日程
公募期間 平成29年11月2日~12月6日
書面評価 平成29年12月中旬~平成30年1月下旬
面接(ヒアリング) 平成30年2月(予定)
府省共通研究開発管理システム(e-Rad)によってご応募ください。
URL https://www.amed.go.jp/koubo/01/03/0103B_00189.html
e-Rad URL http://www.e-rad.go.jp/e-rad_portal/jigyolist/details/details/details/K020782/

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究費管理課
 TEL:0562-93-2906
 Mail:kenkanri@fujita-hu.ac.jp