グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  日本医療研究開発機構 >  平成30年度 「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)」に係る公募(1次公募)について

平成30年度 「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)」に係る公募(1次公募)について


このエントリーをはてなブックマークに追加

事業内容

免疫アレルギー疾患等実用化研究事業は、免疫アレルギー疾患の病因・病態の解明等に関する研究や、予防、診断及び(根治的)治療法に関する質の高い基礎的研究に立脚した「成果やシーズ」を着実に実用化プロセスに乗せて、新規創薬、医療技術、医療機器等の研究開発等を推進し、免疫アレルギー疾患罹患患者のQOLの維持・向上を目指します。

事業の案内ページ
免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)
分野等、公募研究開発課題名 研究開発費の規模 研究開発
予定期間
採択
予定数
備考
1-A 【アレルギー疾患領域】
診療の質の向上に資する研究
(患者実態調査~基盤構築研究)
1課題当たり年間
10,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
2018年度~
2020年度
0~2課題
程度
診療ガイドライン等の策定・改定に資する提案であること。
1-B 【免疫疾患領域】
診療の質の向上に資する研究
(患者実態調査~基盤構築研究)
0~2課題
程度
2-A 【アレルギー疾患領域】
病態解明研究(基礎的研究)
1課題あたり年間
10,000千円~
15,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
2018年度~
2020年度
0~2課題
程度
診療ガイドライン当の策定、又は、実用化に結びつく薬事承認を目指す提案であること。
2-B 【免疫疾患領域】
病態解明研究(基礎的研究)
0~2課題
程度
3-AB 【免疫アレルギー疾患領域】
医薬品等開発研究
(ステップ0~ステップ2)
1課題あたり年間
10,000千円~
20,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
2018年度~
2020年度
0~2課題
程度
ステップ1,2は、企業等参画が必要。部分的なプロセスや要素技術に限定した提案は不可。
学内締切 2017年12月7日(木)
※上記日付までにe-Radで電子申請を行い、補助金等申請願(研究計画書等1部 を添付)を各学部の事務部・事務室まで提出してください。
研究関連教育の受講 本学における公的研究費等の応募要件として、研究関連教育の受講が必須となっております。
下記URLより内容を確認の上、受講願います。
http://www.fujita-hu.ac.jp/~c-trial/gakunai/seminar/20170401/index.html
スケジュール 対象業務 日程
書面審査 2017年12月下旬~2018年1月上旬頃
ヒアリング審査(必要に応じて実施) 2018年1月30日(火)、31日(水)
採択可否の通知 2018年3月上旬頃
研究開発開始(契約締結等)予定日 2018年4月1日(日)
府省共通研究開発管理システム(e-Rad)によってご応募ください。
URL https://www.amed.go.jp/koubo/01/05/0105B_00195.html
e-Rad URL 1-A http://www.e-rad.go.jp/e-rad_portal/jigyolist/details/details/details/K020729/
1-B http://www.e-rad.go.jp/e-rad_portal/jigyolist/details/details/details/K020730/
2-A http://www.e-rad.go.jp/e-rad_portal/jigyolist/details/details/details/K020731/
2-B http://www.e-rad.go.jp/e-rad_portal/jigyolist/details/details/details/K020749/
3-AB http://www.e-rad.go.jp/e-rad_portal/jigyolist/details/details/details/K020732/

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究費管理課
 TEL:0562-93-2906
 Mail:kenkanri@fujita-hu.ac.jp