グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  厚生労働省 >  難治性疾患政策研究事業

難治性疾患政策研究事業


このエントリーをはてなブックマークに追加

横断的政策研究分野「中枢神経感作病態に関する研究」(29080501)

目標

 単一の領域別基盤研究分野の研究班ではカバーできないような、種々の分野にまたがる疾病群やそれらに共通する症状や病態、診断・治療法等について、あるいは、疾病によらず難病の患者を広く対象として、疫学データの継続的な収集・分析、発症関連要因、予防要因、重症化の危険因子、予後関連因子、予後追跡調査等に関する研究を行い、難病等の医療水準の向上を図るとともに、QOL 向上や政策に活用しうる基礎的知見等の収集が目標である。
 単一領域内の疾病あるいは疾病群に関する、疫学研究やレジストリ作成等の研究は対象としない。
 本公募では、中枢神経感作病態という概念を整理し、中枢神経感作病態という観点から、患者ケアの向上に資する研究を優先的に採択する。

求められる成果

・ 難病等の医療水準向上に資する成果
・ 関連学会、非専門医、患者及び国民への普及・啓発活動。
・ 患者の療養生活環境整備や QOL 向上に資する成果。
・ 早期診断や適切な施設での診療等を目指した、診療提供体制の構築。
・ 小児・成人を一体的に研究・診療できる体制の構築。
・ 指定難病データベース(平成 29 年度中に稼働開始予定)等の各種データベースへの協力。
・ 国際展開も視野に入れた研究開発体制の推進。
・ 主要学会を含めた関連学会との連携体制の構築。本公募では、上記以外に、特に以下の成果が求められる。
・ 中枢神経感作病態という観点に着目した患者ケアの向上

研究費の規模等

 研究費の規模: 1課題当たり年間 5,000~10,000 千円程度(間接経費込み)
 研究実施予定期間: 最長3年間 平成 29 年度~平成 31 年度
 新規採択課題予定数: 1課題程度

応募方法

学内締切 2017年9月1日(金)
※上記日付までにe-Radで電子申請を行い、補助金等申請願(研究計画書等1部 を添付)を研究支援推進センター事務部 研究費管理課まで提出してください。
研究関連教育の受講 本学における公的研究費等の応募要件として、研究関連教育の受講が必須となっております。
下記URLより内容を確認の上、受講願います。
http://www.fujita-hu.ac.jp/~c-trial/gakunai/seminar/20170401/index.html
スケジュール 対象業務 日程
応募受付期間 2017年8月8日から9月8日
評価委員会 2017年9月~10月
府省共通研究開発管理システム(e-Rad)によってご応募ください。
URL http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000173381.html
e-Rad URL https://www.e-rad.go.jp/e-rad_portal/jigyolist/details/details/details/K020319/

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究費管理課
 TEL:0562-93-2906
 Mail:kenkanri@fujita-hu.ac.jp

横断的政策研究分野「難治性疾患等を対象とする新たな診療技術と診療連携体制の医療経済評価の手法の構築に関する研究」(29080601)

目標

 単一の領域別基盤研究分野の研究班ではカバーできないような、種々の分野にまたがる疾病群やそれらに共通する症状や病態、診断・治療法等について、あるいは、疾病によらず難病の患者を広く対象として、疫学データの継続的な収集・分析、発症関連要因、予防要因、重症化の危険因子、予後関連因子、予後追跡調査等に関する研究を行い、難病等の医療水準の向上を図るとともに、QOL 向上や政策に活用しうる基礎的知見等の収集が目標である。
 単一領域内の疾病あるいは疾病群に関する、疫学研究やレジストリ作成等の研究は対象としない。 

 本公募では、以下の内容を全て含む研究を優先的に採択する。
・ 個別の疾病によらず、難治性疾患等全体への新たな診療技術の導入と診療連携体制の構築(治療的介入)に
 対する医療経済評価(費用対効果)の手法を明らかにすることを目的として、複数の疾患を対象に、医療ビッグ
 データとして整備されているレセプト情報等データベース(NDB)を最大限活用しての患者の治療内容の推移、
 直接費用と関連する合併症の費用の分析を行うとともに、治療的介入前後でのQOLを評価尺度として用いて
 定量化し、継続的に測定することで効用を数値化し、費用対効果を明らかにする。
・ 支払側の立場で、難治性疾患等に新たな診療技術を採用すべきか、または病院として診療連携体制を構築すべき
 かを判断する際の材料を得る方法を確立し、難治性疾患等の患者に質の高く、効率的な医療の提供を図ると
 ともに、政策に活用しうる基礎的知見等を収集する。

求められる成果

・ 難病等の医療水準向上に資する成果
・ 関連学会、非専門医、患者及び国民への普及・啓発活動。
・ 患者の療養生活環境整備や QOL 向上に資する成果。
・ 早期診断や適切な施設での診療等を目指した、診療提供体制の構築。
・ 小児・成人を一体的に研究・診療できる体制の構築。
・ 指定難病データベース(平成 29 年度中に稼働開始予定)等の各種データベースへの協力。
・ 国際展開も視野に入れた研究開発体制の推進。
・ 主要学会を含めた関連学会との連携体制の構築。本公募では、上記以外に、特に以下の成果が求められる。
・ 難治性疾患等の重症度とQOLとの関係を明らかにし、医療経済評価(費用対効果)の実施手法を
 明らかにする。
・ NDB等を活用し、都道府県難病診療連携拠点病院等の診療連携体制が構築された際の、支払側の立場
 でみた医療経済評価(費用対効果)の手法を確立し、医療経営上のポイントを明らかにする。

研究費の規模等

  研究費の規模: 1課題当たり年間 10,000~15,000 千円程度(間接経費込み)
  研究実施予定期間: 最長3年間 平成 29 年度~平成 31 年度
  新規採択課題予定数: 1課題程度

応募方法

学内締切 2017年9月1日(金)
※上記日付までにe-Radで電子申請を行い、補助金等申請願(研究計画書等1部 を添付)を研究支援推進センター事務部 研究費管理課まで提出してください。
研究関連教育の受講 本学における公的研究費等の応募要件として、研究関連教育の受講が必須となっております。
下記URLより内容を確認の上、受講願います。
http://www.fujita-hu.ac.jp/~c-trial/gakunai/seminar/20170401/index.html
スケジュール 対象業務 日程
応募受付期間 2017年8月8日から9月8日
評価委員会 2017年9月~10月
府省共通研究開発管理システム(e-Rad)によってご応募ください。
URL http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000173381.html
e-Rad URL https://www.e-rad.go.jp/e-rad_portal/jigyolist/details/details/details/K020334/

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究費管理課
 TEL:0562-93-2906
 Mail:kenkanri@fujita-hu.ac.jp