グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  財団等 >  一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構

一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年度「医療経済研究機構 研究助成」

医療経済及び医療・介護政策分野において医療経済研究の発展を目指すとともに、若手研究者を中心に研究者層の裾野を広げるために研究助成を行い、もってわが国における医療政策の発展に寄与することを目的とします。

助成対象分野は以下の研究助成(A)または(B)の①から⑤のいずれかを選択し、ご応募下さい。

(A)指定課題研究助成 

① 終末期ケアや認知症ケアの費用対効果とその在り方に関する研究
② 前期高齢者医療制度の評価とその在り方に関する研究
③ 医療サービス・介護サービス 相互の関連についての研究(制度、サービス、データ等)
④ 介護予防(フレイル、転倒、栄養・口腔機能等)の政策・費用対効果評価に関する研究
⑤ 疾病構造・診療行為・医療費の地域差に関する研究(医療提供体制、人口構造に起因するものを除く)

(B)若手研究者育成研究助成

① 医療保険及び介護保険に関する政策的研究
② 診療報酬及び介護報酬に関する政策的研究(①を除く)
③ 費用便益分析・費用効用分析・費用効果分析等を用いた政策的研究
④ 医療・介護産業に関する政策的研究
⑤ 医療・介護の提供体制に関する政策的研究

(A)、(B)共に大規模データベース(NDB等)のみならず、自ら一次データを収集して行う研究や公的統計データを用いた研究も推奨します。
是非、本助成制度の積極的な活用をご検討ください。
締切日
 2017年6月30日(金)
  学内締切:2017年6月23日(金)

平成29年度(2017年度)
第26回 ヘルスリサーチ研究に関する研究助成

 ヘルスリサーチとは、一人ひとりのクオリティー・オブ・ライフ(QOL)の向上を目的として、自然科学(医学、薬学、健康科学等)や社会科学(法学、経済学、社会学等)の成果を基に、保健・医療の受け手の観点から、変化する社会の中で全ての人が最適なケアを享受できるための仕組みを研究し、社会に提言する問題解決型の学問です。
助成対象 国内におけるヘルスリサーチ領域の問題解決型の共同研究であること。
*各「募集要項」の「ヘルスリサーチ研究領域と例示」を参照のこと。
応募方法 下記より「応募に関するお願い(共通)」および「募集要項」をよくお読み下さい。

「応募書(推薦書、共同研究者同意書を含む)」をダウンロードし、それぞれに必要事項を記載して下さい。*一部、別の書式(図表用)をご利用いただく場合がございます。

「応募書」のハードコピーには、署名・捺印下さい。
「応募書」のWordファイルデータをCD-ROMに保存して下さい。
(CD-ROMは各自ご用意下さい)
提出する研究論文(5編以内)をご用意下さい。

1~3を、財団宛てご送付下さい。
書類到着後は、到着確認のご連絡を致します。
募集内容 A. 国際共同研究
上限300万円/件  8件程度
助成期間 2017年12月1日~2018年11月30日
共同研究:海外研究者を1名以上含めること
B.国内共同研究(年齢制限なし)
上限130万円/件 14件程度
助成期間:2017年12月1日~2018年11月30日
共同研究:同一教室内研究者のみとの共同研究は対象としない
C.国内共同研究(満39歳以下)
上限100万円/件 14件程度
助成期間:2017年12月1日~2018年11月30日
共同研究:同一教室内研究者のみとの共同研究は対象としない
募集期間 2017年4月1日(土)~6月30日(金)(当日消印有効)
※学内:2017年6月23(金)
助成決定 2017年10月下旬
財団URL https://www.health-research.or.jp/index.html
事業URL https://www.health-research.or.jp/content/index.html

お問い合せ先

研究支援推進センター事務部 研究支援課
TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382
Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp