グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  財団等 >  一般社団法人 横山臨床薬理研究助成基金

一般社団法人 横山臨床薬理研究助成基金


このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年度研究助成

1. 交付の主旨
平成29年度において本財団は、医学の進歩のため、特にトランスレーショナルリサーチに意欲的に取り組んでいる研究者を全国に広く公募し、審査の上、助成金を交付する。

2. 応募資格
申請者は、トランスレーショナルリサーチ に意欲的に取り組んでいる 男女を問わず満40歳未満(平成29年6月30日現在)の研究者とする。
尚、原則として当財団において過去に研究助成金を受けた者は、申請者としての応募資格は無いものとする。

3. 推薦者
総合大学の医・薬学部においては「医・薬学部長」、医・薬科大学においては「学長」、ナショナルセンター(NC)においては「理事長」、あるいは当財団においては理事・評議員とする。但し、大学の医・薬学部長、学長、NC理事長、及び当財団理事・評議員が推薦できるのは、それぞれ1名までとする。
尚、応募資格者及び申請者はあくまで研究者個人であり、助成金受給者も当財団理事会の議を経て選考された特定の申請者個人であって、推薦者各位の所属する各団体ではありません。推薦者各位の所属される各団体におかれては、研究助成金から「間接経費」もしくは「オーバヘッド」等、名称の如何を問いませず、一定額の徴収を行われませぬよう、当財団からくれぐれもお願いするものである。

4. 助成件数及び助成額
助成件数は15件以内とし、1件につき助成額100万円とする。

5. 応募手続き
申請者は、医・薬学部長、学長、NC理事長または当財団の理事・評議員の推薦を得て、同封の交付申請書(A4)に必要事項をパソコンで記入し、当財団事務局へ郵送すること。交付申請書提出締め切りは平成29年6月30日(当日消印あるものは有効)とする。交付申請書は次よりダウンロード可能です。
6. 選考方法
当財団に設置する選考委員会にて選考し、理事会の審議を経て決定する。

7. 研究助成金の交付期日
平成29年11月上旬ごろの予定

8. 研究助成金受給者の義務
助成金は申請書記載に従って使用し、2)の研究報告書とともに研究助成金使用報告書を提出すること(領収書の添付は必要ありません)。
研究の成果として当財団発行の研究業績輯に掲載する最終報告書を翌年度に提出すること。提出締め切りは平成30年6月30日限り(期間厳守)とする。この場合、研究報告書(書面)及び研究報告書が入力してあるDVDなどの電子媒体(ソフトはMicrosoft Word)を一緒に送付すること。
採択後の学会・論文などへの発表にあたっては、当財団からの助成を受けている旨を書添えること(財団指定の採択記号番号を掲載)。また掲載論文については、別冊を1部当財団宛に送付してください。
その他、「採」、「否」の理由につきましては一切お答えしかねますので、予めご承知願います。ご提出された書類は返却いたしませんので、予めコピーをお願いします。

お問い合せ先

研究支援推進センター事務部 研究支援課
TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382
Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp