グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  財団等 >  大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年度「先進ゲノム支援」

1.支援公募にあたっての方針
 先進ゲノム支援では、ゲノム科学の発展に資する支援課題を、文部科学省科学研究費補助金の助成課題を対象に、種目・分野を問わず広く募集します。支援課題の募集に際しては、特に以下の点を重要視しており、これらに該当する課題の応募を期待しています。
 ・科研費研究課題を拡張することでさらなる発展が期待できる課題
 ・高度な技術が要求されるチャレンジングな課題
 ・受託解析サービス等で実施可能な単なる解析作業のアウトソーシングではなく、研究的要素を多く含むゲノム領域
  の学術研究課題
 ・ゲノム科学研究を新たに開始する研究者による課題
 また、多くの女性研究者および若手研究者からの応募も期待します。
2.支援の対象となる研究課題
 2017年度文部科学省・科学研究費補助金(新規・継続)に採択されている研究課題を対象とします。
 ・サンガー法による配列決定およびライブラリ作製単独の支援は対象外としますが、
  協議の過程において全ゲノム解析に必要であると判断された場合は支援対象とします。
 ・ヒトのゲノムワイド関連解析(GWAS)は支援対象外とします。 
 ・ヒトゲノムやヒト遺伝子を対象とする課題については、倫理面も含めて選考します。
3.支援できる内容
 次世代シーケンサーや1細胞解析装置を駆使した配列決定に基づく多様な技術による支援を実施します。
 【支援技術一覧】
  ・新規ゲノム解析、変異解析、修飾/エピゲノム解析、RNA解析、メタ・環境・ホロゲノム解析、
   超高感度解析、情報解析
 【支援解析機器類等】
  ・DNAシーケンサー(ショートリード):Illumina HiSeq3000/2500 (ラピッドラン、高出力ラン)/
   1500、MiSeq、IonPGMなど
  ・DNAシーケンサー(ロングリード):PacBio RSII/Sequelなど
  ・1細胞解析:10X genomics Chromium/GemCode、Fluidigm C1 Systemなど
4.申請締切
 2017年6月5日(月)正午

5.事業URL
 https://www.genome-sci.jp/

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究支援課
 TEL:0562-93-2862
 Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp