グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  財団等 >  公益財団法人 ノバルティス科学振興財団

公益財団法人 ノバルティス科学振興財団


このエントリーをはてなブックマークに追加

第 31 回 ノバルティス研究奨励金

1. 奨励金の趣旨
  生物・生命科学、関連する化学および情報科学の領域における創造的な研究を助成
2. 助成金額、件数
  助成金額は 1 件 100 万円。35 件程度
3. 助成期間
  助成期間は 1 年間。平成 30 年(2018 年)4 月 1 日~平成 31 年(2019 年)3 月 31 日延長は認めない
4. 申請者の資格等
  (1) 日本国内で行われる研究が対象。申請者は原則として、博士号を有する研究者(2018 年 3 月末ま
      でに取得見込みを含む)。国籍不問
  (2) 申請者の単独研究。申請者が中心の場合は共同研究も可
  (3) 当奨励金を過去に受領した研究者は、助成期間終了後 3 年間を経過していれば再応募可。
      但し、前回とは研究目的を異にしていること。また、当奨励金を過去に受領した研究者が共同研究者の
      場合も前回とは研究目的を異にしていること
  (4) 財団の現選考委員の研究室に所属する研究者、現選考委員と共同研究を行う研究者は、申請者
      となれない
5. 推薦者
  (1) 財団の指定する大学・研究機関の長、研究科長、学部長、施設所長および病院長
  (2) 財団の現任ならびに前任の理事、評議員(推薦枠外の研究機関の応募者に関しては、事務局
      で斡旋可。但し、8 月 15 日までに応募書類に必要事項記載の上、財団へメール又は郵送でご連
      絡下さい。)
6. 推薦件数
  1 推薦者から 1 件に限る(兼任の場合はどちらかで 1 件のみ)
  推薦の権利を他者に譲ってはならない。
7. 申請方法
  財団ホームページ (http://japanfoundation.novartis.org/)に必要事項を記入。
  また HP からダウンロードした書式(応募申請書、推薦書)に記入後、下記要領で財団事務局に提出。応募申請書は見
  やすく簡潔に記入。図表も使用可(カラー可)。記入枠を広げる場合は最小限とし、応募申請書全体の枚数は 5 枚以下と
  する。印刷は両面コピー、左上をホチキス留め。推薦書の捺印は原則として公印。
  公印がない場合は、その旨を余白に記入し私印を用いる。財団関係者は私印。応募書類は原則として返却しない。
   1)応募申請書:書式に記入後、PDF ファイルをホームページに格納。ファイル名は、氏名(所属略称)
       申請書.pdf [例:ノバ太郎(○大)申請書.pdf]。併せて書面で 3 部送付(郵送等)
   2)推薦書:書式に記入・公印捺印後、PDF ファイルをホームページに格納。併せて捺印済み原本を送付
       ファイル名は、申請者氏名(所属略称)推薦書.pdf [例:ノバ太郎(○研)推薦書.pdf]
   書類やファイルはまとめてホームページに格納(いずれも 9/15(金)厳守)。外国人は英文の応募申請書も可。
   受付完了後 E-メール通知。
 <提出物のチェック>申請時に要確認
  ・ファイル提出(ホームページに格納)
     ①応募申請書(PDF)、②推薦書(PDF、捺印済み)
  ・書類提出(書面で送付)
     ①応募申請書(3 部、両面コピー・左上ホッチキス留)、②推薦書(捺印済み原本)
8. 申請受付期間
  平成 29 年(2017 年)7 月 ~ 平成 29 年(2017 年)9 月 15 日(金)厳守
    ※学内締切:平成29年9月1日(金)
9. 選考方法
  選考委員会で選考後、理事会で決定(平成 30 年 2 月下旬)
  研究内容が最優先。奨励金の必要性、年齢(若い研究者)等も一部考慮
10. 採否の通知
  平成 30 年(2018 年)2 月下旬。採否を推薦者、申請者の双方に通知
11. 奨励金の交付
  平成 30 年(2018 年)4 月下旬頃、指定の銀行口座に振込
  各研究機関の助成金取扱規定を参照し、委任経理金の場合はその手続きを行うこと
12. 奨励金の使途
  応募申請書の記載通りの使用が原則(助成期間内に使い切ること)
  奨励金を使わなかった場合、奨励金が余った場合は、原則返却
  奨励金の使途を変更する場合は、財団理事長の承認を得ること
  奨励金は、贈呈対象の研究以外には使用できない(助成対象者の変更交代は不可)
  奨励金対象の研究内容に、重要な変更が生ずる場合は、速やかに財団事務局に連絡すること
  応募者の所属機関の間接経費、一般管理費(オーバーヘッド)は、助成の対象とならない

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究支援課
 TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382 
 Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp

研究集会助成

1. 対象集会
  生物・生命科学、関連する化学および情報科学の領域において、我が国で開催される国際色豊かな研究集会を
  下記基準に基づき助成
  1) 国外からの参加者を含み、国際色豊かで、学術的意義の大きい研究集会であること
  2) 1,000 名を越す大規模な研究集会は、原則として助成の対象としない。ただし、関連して国内の機関が主催
    するシンポジウム、招待講演、セミナー等は助成対象とする
  3) 2 国間の研究集会は、原則として助成の対象としない
  4) 他の財源から多額の収入が得られると予想される研究集会よりも、財団からの助成が有効となるような
    研究集会を優先
  5) 平成 30(2018)年 4 月~平成 31(2019)年 3 月末に開催される研究集会
2. 申請件数
  1 申請者から 1 件に限る。また、1 集会につき 1 申請とする
  財団の現理事、評議員、選考委員は申請者となれない
3. 助成金額
  助成金は 1 件 40 万円。5 件程度
4. 申請方法
  財団ホームページ(HP)( http://japanfoundation.novartis.org)に必要事項を記入。HP からダウンロード
  した書式(応募申請書、応募申込票)に記入後、下記要領で財団事務局に提出(2017年 9 月 29 日(金)厳守)
  応募申請書は見やすく簡潔に記入。印刷は両面コピー。左上をホッチキス留め
  1) 応募申請書:書式に記入後、ホームページに格納。併せて書面で3部送付(郵送)
    ファイル名は、氏名(所属略称)集会申請書.pdf [例:ノバ太郎(○大)集会申請書.pdf]
  ファイルを格納(9 月 29 日(金)厳守)。受付完了後 E-メールで通知
<提出物チェック>申請時に要確認
  ・ファイル提出(ホームページに格納)応募申請書(PDF)
  ・書類提出(書面で3部を送付):応募申請書
5. 申請受付期間
  平成 29 年(2017 年)7 月 ~ 平成 29 年(2017 年)9 月 29 日(金)
    ※学内締切:平成29年9月22日(金)
6. 選考方法
  選考委員会で選考後、理事会で決定(平成 30 年 2 月下旬)
7. 採否の通知
  平成 30 年(2018 年)2 月下旬以降に、採否を申請者に通知
8. 助成金の交付
  平成 30 年(2018 年)4 月下旬以降に、指定の銀行口座に振込
  集会が延期もしくは中止された場合、助成金は返却を原則とする
9. 助成金の使途
  助成金は、助成対象となっている研究集会の開催に必要な経費以外には使用できない
  会場使用料、講演者の招聘費用、抄録集の印刷費等、研究集会の開催に直接必要な経費に限る
  飲食費等に使用してはならない
  助成金は、申請書記載の通りに使用することを原則とする
  使途を変更する場合は、予め財団理事長の承認を求めること
  助成金を使わなかった場合、助成金が余った場合は、返却を原則とする

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究支援課
 TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382 
 Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp