グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  財団等 >  公益財団法人 がん集学的治療研究財団

公益財団法人 がん集学的治療研究財団


このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年度 第38回 一般研究助成金

1.本財団の目的と事業内容
  本財団は、がんの集学的治療に関する研究を助成援助するとともに、これに関する成果の解析・評価を行い、がんの最適
  治療法を確立し、もって国民の健康の向上に貢献することを目的として設立された。

2.助成対象者と対象課題
  下記の4要件を満たすものに限る。
  イ.50歳未満の研究者
  ロ.同一課題に対して、他から多額の研究助成を受けていないこと
  ハ.臨床応用が可能となりうる「癌の集学的治療」に関する研究
   (但し、これに関連する研究、たとえば患者の負担を軽減するための研究、患者に優しい癌薬物療法、予後因子の
    検索、チーム医療の構築、近い将来展開が期待される基礎的研究、などの研究の応募も可とします)
  二. 前回受領者の応募は受領後5年を経過していること

3.採用件数
  5件 以内

4.助成金額及び期間
  イ.金額 80万円/件
  ロ.期間 1年を原則とする。

5.申込手続
  イ.施設代表者の推薦による。
   (学長又は所属学部長、研究所長、病院長の推薦により各1名応募することが出来る)
  ロ.推薦及び申込みには、必ず本財団所定の用紙を使用すること。
6.募集期間
  平成29年7月1日(土)~8月31日(木)(期限厳守)
  ※学内締切:平成29年8月17日(木)

7.選考結果の発表並びに通知
  平成29年11月上旬、推薦者並びに本人に通知する。

8.贈呈式並びに研究発表会
  贈呈式は、平成29年12月1日(金)東京で開催。
  研究発表会は翌年同時期に、選考委員及び学識経験者出席の上、東京で開催
   (発表不可能の場合は、助成金の返還を求める場合がある。)

9.助成対象者の本財団に対する義務
  イ.研究経過報告書の提出。(財団発行の「がん治療のあゆみ」に掲載)
  ロ.研究助成金収支簿の提出。
  ニ.研究成果を公表する際には、本財団助成金による旨を記載し、その別刷2部を本財団に提出すること。

財団URL

お問い合わせ先

研究支援推進センター事務部 研究支援課
TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382
Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp